EVA経営

花王はEVA®(Economic Value Added: 経済的付加価値)を主な経営指標として採用しています。EVAを継続的に増加させていくことは、企業価値の増大につながり、株主だけでなくすべてのステークホルダーの長期的な利益とも合致すると考えています。「K25」で掲げた「Maximum with minimum(最小限の資源で最大価値を)」という発想は、まさにこのEVA経営の考え方を表しています。EVAは、投下資本を元手に「真の経済的利益」をどれだけ生み出したかを測る指標とも言えます。資本の要求利益を上回る利益額を重視するため、経営者は常に投下資本を意識することになります。売上増大やコストダウンにより投下資本を増やさずにNOPATを増加させることや、資本構成などを改善して資本コストを下げる「Maximum with minimum」の考え方が、EVAの増加となり、企業価値の向上につながります。花王はこのEVA指標について、事業別の数値管理は行なっているものの、事業別の目標値は定めておらず、全社的な目標として運用しています。これは、花王の各事業部門が、研究開発や生産、販売などの機能でダイナミックに交わるマトリックス運営を行なっており、全社一本で資本効率を管理することで各事業部門による積極的な投資が促進されるとともに、状況に応じた柔軟な資本配分が可能になると考えているからです。「K25」では引き続きこのEVAを経営の主指標の1つに据えながら、これからの時代の財務施策も先取りし、「絶えざる革新」を進めていきます。

画像

画像

EVAの改善と推移

下記の4つの視点からEVAの改善をはかり、企業価値の増大に努めています。

画像

画像

1998年10月~Stern Stewart & Co. のコンサルティング (日本での第1号顧客)
1999年4月~EVA適用スタート

  • * Stern Stewart & Co.: EVAを理論的に発展、企業のEVA経営に適用。EVAを商標登録。
Page Top