監査に関する取り組み

監査役は、花王グループの健全で持続的な成長と信頼に応えるガバナンスを確立するために、独立した立場で、取締役の職務執行を監査することを職務とし、監査役会は各監査役が忌憚なく意見交換し、監査方針、計画および課題について審議・決議しています。
取締役会や重要会議への出席、各部門およびグループ会社の往査・ヒアリング、内部統制体制の整備運用状況の確認を行ない、内部監査部門の経営監査室・グループ会社の監査役・会計監査人との連携を密にし、監査の実効性向上に努めています。

2021年度 監査役監査の状況

組織・人員

当社の監査役会は、3名の社外監査役と2名の常勤監査役の5名で構成されています。各監査役の多様な視点により忌憚なく意見を交換し、監査の実効性を向上させています。各監査役の状況は以下のとおりです。また、監査役の職務の遂行を補助するため、財務・会計、法務および監査に関する相当程度の知見を有するスタッフを2名配置しています。なお、2022年1月1日付で、監査役会の直下に監査役室を設置し、スタッフを5名に増員しました。

開催頻度・出席状況

当期の監査役会は10回開催しました。なお、それ以外に必要に応じてメールやオンライン会議等で意見交換の機会をもちました。

開催した監査役会および取締役会への各監査役の出席状況は、以下のとおりです。

役職 氏名 監査役会 取締役会
監査役会議長
常勤監査役
青木 秀子 100%(10回/10回) 100%(15回/15回)
常勤監査役 川島 貞直*1 100%(8回/8回) 100%(13回/13回)
常勤監査役 藤居 勝也*1 100%(2回/2回) 100%(2回/2回)
社外監査役 天野 秀樹 100%(10回/10回) 100%(15回/15回)
社外監査役 岡 伸浩 100%(10回/10回) 100%(15回/15回)
社外監査役 仲澤 孝宏 100%(10回/10回) 100%(15回/15回)
  • * 1 2021年3月26日定時株主総会において、藤居勝也氏が任期満了にて退任し、新たに川島貞直氏が就任しました。

監査役会の当期における主な決議事項、その他報告・検討事項は以下のとおりです。

・決議事項(16件)
監査役会および監査役関連:議長および監査役の選定、監査役会規則等の改定
監査役監査関連:監査方針・計画・分担、重点監査項目の選定、期末「監査役会監査報告」
会計監査人関連:会計監査人の再任、会計監査人報酬等の同意
・その他報告・検討事項(36件)
グループガバナンス,内部統制、内部通報対応,往査・ヒアリングにおける課題 、監査役会実効性評価

監査方針と重点監査項目

監査役会は、花王グループ中期経営計画「K25」に基づく経営方針および経営戦略、社会環境の変化およびステークホルダーの要請等を反映した監査方針を定め、監査役会の実効性評価にて活動を総括し、次年度の取り組み課題を確認し重点監査項目として定め、職務に取り組んでいます。

(ⅰ)監査方針

  • 取締役会その他重要会議における経営意思決定プロセス、ならびに業務執行の状況を確認するとともに、各部門・グループ会社へのヒアリングにより、経営方針の浸透度を確認し、経営の健全性が確保されていることを監査する。
  • 当社およびグループ会社の内部統制の整備ならびに運用状況に関して、重大な損失を未然に防ぐ予防監査に重点を置き、グループガバナンスの実効性を監査する。また、新領域や新たなビジネスモデル等を創出する経営戦略に対応して、内部統制推進部門による、花王グループ内部統制の今後の方向性を確認していく。
  • グループ会社の監査役ならびに会計監査人との連携を強化し、ガバナンスに係わる社会環境の変化を踏まえて、監査の実効性および効率性を高めるように努める。また、より適切で積極的な情報開示がなされていることを確認する。

(ⅱ)重点監査項目

  • 花王グループ中期経営計画「K25」の初年度としての執行状況
  • 当社およびグループ会社の内部統制の整備ならびに運用状況
  • グループガバナンスの実効性向上
  • より適切で積極的な情報開示状況

監査活動の概要

当期の監査方法および監査役監査の取り組み、監査分担は以下のとおりです。

主な
監査項目
監査方法および監査役監査の取り組み 監査分担
常勤 社外
取締役の
職務執行
状況
  • 取締役会に出席(15回)して、審議・決議状況を確認し、必要な場合は
    意見を述べる。
  • 当社および当社の重要な子会社の代表取締役との意見交換会(6回)、
    社外取締役との意見交換会(3回)を実施し、監査活動から得られた
    知見の共有と提言。
  • 経営会議、コミッティ、内部統制委員会等の重要会議に出席(139回)
    し、意思決定プロセスを確認し、必要に応じて説明を求め、適時提言。
  • 当社各事業場、各部門および国内外のグループ会社には、対話に重点をおいた
    往査・ヒアリングによって、花王グループ中期経営計画「K25」の浸透度合いを確認。
随時
  • 取締役・監査役選任審査委員会、取締役・執行役員報酬諮問委員会や監査役報酬
    諮問委員会に出席し、審査・議論を実施。
内部統制
  • 当社各事業場、各部門および国内外のグループ会社には、業務執行や内部統制
    体制の整備・運用状況を確認。
  • 内部統制第二ラインの法務・コンプライアンス部門、リスク・危機管理部等へは、
    モニタリング状況についても確認。
  • 上記往査・ヒアリングは、適時オンライン会議等のリモート監査手法を活用しながら
    ほぼ例年通り実施(115件*2 )し、うち約7割は社外監査役も1名以上参加。
随時
  • 監査の効率性・実効性向上のため、ヒアリングではテーマを絞り、意見交換を中心
    に実施。開始時に前回の課題を再確認し、ヒアリング中の監査役コメントを、終了
    時に指導事項・要請事項に加え、アドバイス・優れた取り組みに分けて整理し、共有化。
グループ
ガバナンス
  • 内部監査部門である経営監査室とは、定期的かつ必要に応じて意見交換を行な
    い、監査の実効性向上を図る。
随時
  • グループ会社の監査役とは、定期的な意見交換会のほか、グループ会社ヒアリング
    時に当該会社の監査役の陪席を求めるなど、連携を密にし、監査の実効性向上を
    図る。
随時
  • 会計監査人とは、監査の独立性と適正性を監視しながら、監査計画(年次)、会計監
    査結果(四半期レビュー・年度監査)および監査上の主要な検討事項の受領・意見
    交換を実施(23回)。
  • * 2 当社各事業場、各部門および国内外のグループ会社への往査・ヒアリングは、花王グループ中期経営計画「K25」の浸透度合いと内部統制の整備・運用状況を同時に確認しています。

2021年度 監査役会の実効性評価

実効性評価の実施方法

監査役会は、監査活動の実効性を高めるために、毎年1回実効性評価を実施しています。監査役会で重点監査項目を中心に評価項目を決定し、監査役が各々評価した後、監査役会で評価結果について議論し課題を抽出します。その結果を次期計画に反映させ、継続的な実効性向上に努めています。

実効性評価の内容

監査役会は、当期の監査活動についての実効性評価結果を審議し、「有効に機能している」との結論に至りました。主要な評価項目についての評価ならびに抽出された課題は、次のとおりです。

主要な
評価項目
主な評価ならびに抽出された課題
監査役会の構成と
運営有効性
  • 社外と常勤、監査役の経験や専門性のバランスがとれている。
  • 課題認識を共有し、事前に審議の焦点を明確化して、より積極的な議論がなされた。
  • 2022年1月新設の監査役室が事務局となり、さらに効果的・効率的な運営を進めること。
取締役を監督する
体制の有効性
  • 取締役会や重要会議に出席し制約なく発言でき、審議状況を確認できている。
  • 花王グループ中期経営計画「K25」の初年度にあたり、代表取締役との意見交換会での率直な
    課題認識の共有を行ない、各部門やグループ会社への対話に重点をおいたヒアリングによって
    「K25」の浸透度合いを確認し、監督の実効性向上に努めた。
  • 新たなチャレンジが進んではいるが、従来のやり方が残存しており、次年度は、構造改革の効果
    ならびに実践の迅速化に着目していく。
内部統制体制の
整備・運用状況
の検証
  • 「取締役を監督する体制」は、同時に内部統制体制の整備・運用状況の確認も行なっており、
    概ね適切であり、当期は内部統制第一ラインでの自主点検と改善の迅速性、第二ラインでのモニタ
    リング状況に重点を置き、前期の課題に対する改善を確認した。
  • 往査・ヒアリングは、適時オンライン会議等のリモート監査手法を活用しながら、ほぼ例年通り
    実施し、うち約7割は社外監査役も1名以上参加しており、ヒアリング手法に関しても、開始時に
    前回の課題の再確認、終了時に監査役コメントを要請事項・アドバイスに整理、優れた取組みも
    抜き出し共有化するなど、より実効性が向上した。
  • 今後、着実な運用とともに、海外グループ会社へのモニタリング手法や協業先等との連携等の
    多様性への検討にも着目していく。
グループ
ガバナンス
  • 内部監査部門である経営監査室との意見交換や、監査役ヒアリング時に経営監査室からの指摘
    事項への対応状況の確認、また、グループ会社の全監査役との意見交換会や、監査役ヒアリング
    時に当該監査役の陪席を求める等の連携を進めている。
  • 一方、グループ会社は兼務監査役が多く、実態調査により課題を抽出し、体制の見直しを進め、
    2022年1月新設の監査役室スタッフが一部グループ会社の監査役となり連携をさらに進める
    体制に変えることができた点は、実効性向上が期待でき、次期につなげていく。
  • 会計監査人とは、監査の独立性と適正性を監視しながら、密に連携できている。

内部監査の状況

経営監査室は、社長執行役員の直轄組織として、独立的・客観的立場で、花王およびグループ会社の経営活動全般について、法令遵守、財務報告の適正性、業務の有効性・効率性の視点から内部監査を行ない、内部統制の有効性について合理的な保証を与えるとともに、改善提案を通して内部統制の充実を図っています。また、経営会議および取締役会に定期的に内部監査活動結果を報告しています。
子会社管理に関しては、子会社が花王に対し事前承認を求める、または報告すべき事項をグループ会社管理規程(ポリシーマニュアル)に定めています。当該規程に基づき、経営監査室による内部監査での指摘事項と対応策およびその結果について、子会社の役員会で共有することになっております。経営監査室は、定期的および必要の都度、監査役と内部監査活動状況に関して情報交換・意見交換を行なっています。また、財務報告に係る内部統制の整備・評価や内部監査の活動状況について、会計監査人と適宜情報共有を行ない、相互連携に努めております。

Page Top