Q.

【飲用方法】熱中症の対策方法は?


A.

夏場の熱中症対策に、上手な水分・塩分補給をしてください。
気温や湿度が高くなると、身体の体温調節機能が対応できなくなり、熱中症が発生しやすくなります。梅雨があけて気温が一気に上昇する7~8月は、特に要注意です。
熱中症になると、立ちくらみが起きたり、頭痛や吐き気がしたり、ひどい場合には意識障害を引き起こすこともあります。対策の1つとして、こまめな水分・塩分補給を心がけましょう。熱中症の発生リスクは、必ずしもスポーツ時だけとは限りません。夏場は、普段の暮らしの中でも汗をたくさんかくため、水分・塩分補給がとにかく重要なのです。汗をかくと、体内の塩分(ナトリウム等)も身体から失われますので、塩分も適度に補給することが理想的です。水分と塩分を同時に摂取できるスポーツドリンクは、手軽でオススメです。

この情報で解決されましたか?

上記をお選びになった理由をお聞かせください。さらなる情報改善に努めてまいります。

※ 全角400文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。ご入力いただかなくても送信できます。
個人情報は入力しないでください。

送信できませんでした。しばらく経ってからお試しください。

こちらのフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。
回答をご希望の場合は、お問い合わせ一覧よりお問い合わせをお願いいたします。

送 信 中…

ご回答いただきありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

Page Top