Q.

洗剤などの成分表示と、ホームページにある成分情報との違いは何?


A.

洗剤、漂白剤等の製品に記載されている成分表示は、「家庭用品品質表示法」に基づいています。
また、2011年11月から、洗剤等のメーカーが開示する成分一覧は、「日本石鹸洗剤工業会」の「家庭用消費者製品における成分情報開示に関する自主基準」に基づいています。
そのため、その表記方法にも違いがあります。

「家庭用品品質表示法」の場合、洗たく用洗剤や台所用洗剤等では、下記のように表示するように定められています。(遵守事項の一部を抜粋しています)


詳しくは下記の消費者庁のホームページをご参照ください。

また、ホームページ(製品カタログ)の洗剤や漂白剤等のページから見られる成分情報は、「日本石鹸洗剤工業会」の「家庭用消費者製品における成分情報開示に関する自主基準」によるものです。
この基準の対象になっている製品では、成分名称とともに、機能あるいは配合目的を開示することになっています。含有率が1%以上の成分は含有率の多い順に、含有率が1%未満の成分は順不同に開示してもよいとされています。
そのため、製品表示とは異なる内容になっていますが、より詳しい情報が得られます。

この情報で解決されましたか?

ご意見をお聞かせください。ご意見をもとにさらなる情報改善に努めてまいります。

※ 全角400文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。ご入力いただかなくても送信できます。

送信できませんでした。しばらく経ってからお試しください。

こちらのフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。
回答をご希望の場合は、お問い合わせ一覧よりお問い合わせをお願いいたします。

送 信 中…

ご回答いただきありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

Page Top