デイリーケア

頭皮・髪にやさしい洗い方は?

清潔に保つことは大切ですが、洗い方次第で頭皮や髪を傷めてしまうこともあります。
髪だけではなく、頭皮もいたわるようにきちんと洗ってください。
洗い残しがないようにすみずみまで、そして力を入れ過ぎないようにやさしく洗うように心がけましょう。

1. 髪のもつれをとく
髪はぬれると絡みやすいので、手ぐしや、目の粗いブラシやコームで毛先からもつれをときます。

2. 髪と地肌を十分にぬらす
髪の汚れを落とし、シャンプーの泡立ちを良くするために、ぬるめのお湯で頭皮・髪を十分にぬらします。

3.たっぷりの泡で洗う
適量(使用量の目安参照)のシャンプーを手のひらにとり、軽く広げるようにしてから、地肌の何箇所かに分けて塗布します。泡が頭皮全体に行き渡るよう、指の腹を少しずつ動かしながら広げます。髪にも泡が行き渡るようにします。

【上手な洗い方のポイント】
a. 爪を立てず、指のはらで小さな円を描くように丁寧に、力を入れずにまんべんなく洗います。
・指のはらで洗う

b. 洗い残ししやすい部分は、図の6箇所。忘れずに洗いましょう。
・洗い残ししやすい部分

4. 十分にすすぐ
すすぎ残しは頭皮トラブルの原因にもなります。たっぷりのお湯でえり足から頭頂部へ向かってていねいにすすぎます。

【上手なすすぎのポイント】
a. 指を通しながらすすぐと、残り具合も確認しながら流せます。
b. すすぎ残ししやすい部分は図の4箇所。ていねいに洗いましょう。
・すすぎ残ししやすい部分

c. 頭皮や髪にヌルつきがなくなるまで、すすいでください。

5. コンディショナーをつける
軽く水気をきった後は、適量(使用量の目安参照)のコンディショナーを手にとり、軽くのばします。頭皮につかないように毛先から髪全体になじませます。

6. 十分にすすぐ
シャンプーのすすぎ同様の方法に、ヌルつきがなくなるまで十分にすすぎます。

 
【使用量の目安】
手のひらに500円硬貨大で約3g
●ミディアムヘア(あご~肩)・・・約6g
●セミロングヘア(肩~脇の下)・・・約10g

Page Top