2020年10月26日

  • お知らせ
  • 製品関連

2020年10月改良新発売の「メリーズパンツ」が「ビッグより大きいサイズ」に採用の「伸びてピタッと!まとまるテープ」により、「2020年度グッドデザイン賞」を受賞

花王株式会社は、2020年10月上旬より全国にて改良新発売の『メリーズパンツ 素肌さらさらエアスルー ビッグより大きいサイズ』に採用した処理テープ「伸びてピタッと!まとまるテープ」により、このたび、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2020年度グッドデザイン賞」を受賞いたしました。使い終わったおむつを廃棄する際、丸めたあとに広がらないように留めるテープに、伸びる機能を向上させた工夫が評価されたものです。

受賞商品 子ども用紙おむつ「メリーズパンツ型紙おむつ」

20201026-002-01

20201026-002-02

『メリーズパンツ 素肌さらさらエアスルー
ビッグより大きいサイズ』

デザインについて

「メリーズ」のパンツ型紙おむつについては、成長に伴いおしっこの量が増えて大きく膨らむと、テープの長さが足りずに留めにくくなるという声がありました。そこで、使用後のおむつが大きく膨らんでもしっかり留められるテープをデザインし、製品に採用しました。このたび新開発の「伸びてピタッと!まとまるテープ」は、これまでのテープの中央部分が必要な長さまで軽い力でさらにもう一段階バネのように伸びて、膨らんだおむつもしっかり留められます。テープの長さが足りなくなるというストレスを解決し、また成長が進んだお子様のかさばりがちな使用済みおむつが余裕をもってコンパクトにまとめられます。

20201026-002-03

「メリーズパンツ」処理テープの伸びる様子。
左、従来の処理テープ
右、「伸びてピタッと!まとまるテープ」

受賞理由

紙おむつの交換という日常で繰り返される動作に着目し、丁寧な観察と検証を重ねることで従来の製品よりも機能性が格段に向上した製品の開発に成功。使ったあとの紙おむつをまとめて止めるテープ部分が十分に伸びて切れないのでストレスをほとんど感じることなく使用できる。ユーザーの悩みに真摯に向き合い、丁寧な観察と検証の繰り返しにより、快適な使用感をもたらしている。

グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞(Gマーク)は、1957年にスタートした、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨のしくみで、公益財団法人日本デザイン振興会が主催するものです。「優れたデザイン」を社会に普及させていくことで、生活をより豊かにすることと、産業の発展とを同時に後押ししようとする活動です。「2020年度グッドデザイン賞」は2020年10月1日に公開されました。

「メリーズ」の過去の受賞歴について

2008年に「メリーズパンツ」において、赤ちゃんの体型や骨格にあわせて、はき心地のよさを追求した独自のギャザー設計により「2008年度グッドデザイン賞」を受賞しました。また、2018年にはやわらかさとモレにくさを両立するため、赤ちゃんの肌に触れる新しい表面シートにより「2018年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

消費者の方のお問い合わせ

花王株式会社
生活者コミュニケーションセンター
消費者相談室

0120-165-695
Page Top