参考資料: 2020年04月17日

  • ニュースリリース
  • 経営・財務関連

Institutional Investor 「The 2020 All-Japan Executive Team」(ベストIR企業ランキング)においてMost Honored Companyに選定

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、世界的に著名な米国の大手金融専門誌「Institutional Investor」が発表した「The 2020 All-Japan Executive Team」(ベストIR企業ランキング)のHousehold, Cosmetics and Personal Careセクターにおいて、「Best CEO」「Best CFO」「Best IR Professional」「Best Investor Relations Team」の4部門で第1位となり、Most Honored Companyに選ばれました。

このランキングはInstitutional Investorが2013年より実施しているもので、世界の機関投資家・証券アナリストの投票結果をもとに、優れたIR活動を行なう日本企業を選出しています。

花王は、経営陣が経営方針等について投資家に有意義なメッセージを発信していることや、財務・非財務情報を統合した、中長期的な企業価値向上への取り組みを伝える統合レポートを開示していることなどが高く評価されました。このたびの選出について、花王 常務執行役員 経営サポート部門統括の上山茂は、「花王グループの活動が、世界中の機関投資家・アナリストによるグローバルな視点からも高く評価されていることを示すものであり、大変誇らしく感じています」と語っています。

花王グループは、2025年、2030年、そしてそれ以降も持続的な成長が可能となる基盤構築に向けて、新たな挑戦としてESG(環境・社会・ガバナンス)経営に大きく舵を切っており、2019年4月に公表したESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」(キレイライフスタイルプラン)を本格始動させています。
花王グループはこれからも、ESG活動を含めた取り組みをステークホルダーの皆さまにご理解・共感いただけるよう、公平で積極的なコミュニケーションを通じてこれまで以上に深いエンゲージメントに努めてまいります。

詳細はInstitutional Investorのウェブサイト(英語)よりご確認ください。

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

Page Top