参考資料: 2018年09月21日

  • ニュースリリース
  • 経営・財務関連

ソフィーナビューティカウンセリング株式会社

ビューティアドバイザー(BA)が総合的なカウンセリングスキルを競う「ビューティアドバイザーコンテスト2018」を開催

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、9月14日に、「ビューティアドバイザーコンテスト2018」(主催:ソフィーナビューティカウンセリング株式会社 以下SBC)を開催しました。
同コンテストには、全国8地区から選出された10名のビューティアドバイザー(BA)が出場。質の高いスキンケアカウンセリングと美容技術に加え、お一人おひとりのお客さまの期待にお応えする接客応対力を競いました。
SBCは、このコンテストをBA自身が自分の技術を確認する機会とし、お互いに学び、高め合うことを目的としています。お客さまの素敵な「笑顔」と多くの「ありがとうのお声」を増やすため、これからも毎日の活動により一層の磨きをかけていきます。

ビューティアドバイザーコンテストとは

「ビューティアドバイザーコンテスト」は、「ソフィーナ」「エスト」の店頭で接客を行なうBAが、お客さまお一人おひとりの肌、ライフスタイルに合った総合的なカウンセリングスキルを競うコンテストです。1年に1回、BA自身が自らの技術を確認する機会とし、またその技術をお互いに高めあうことを目的として実施しています。コンテストは、2012年から始まりましたが、現在の内容で実施するようになったのは昨年からで、今年で2回目です。
今回の「ビューティアドバイザーコンテスト2018」には、全国8地区の大会に参加した約2,400名のBAから選出された計10名の代表が出場。美容のプロフェッショナル、そしてお客さまの美肌のパートナーとして、質の高いスキンケアカウンセリングと美容技術、さらにお一人おひとりのお客さまの期待にお応えする接客応対力を競いました。
SBCは、「より美しくなりたい、いつまでも健康で美しい肌でありたい」と願うすべての女性に向けて、みて、ふれて、感じられる、美しい肌の実感を届けることをめざしていきます。

開催概要と結果報告

■開催日:2018年9月14日(金)
■会場:東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
■出場者:各地区大会で選出された代表BA10名
■実施内容:BAが、お客さま役を相手に、20分間にわたる店頭接客のロールプレイングを実施。審査員は、スキンケア技術やアドバイス、お客さまの新たな発見や感動を引き出す提案、コミュニケーションスキルなど、総合的なカウンセリングスキルを審査しました。
■審査員:青木 昭子(ソフィーナビューティカウンセリング株式会社 美容教育部 部長)
他10名

■受賞者:

グランプリ 中村 佳奈子(なかむら かなこ)
首都圏地区〈東京都〉
準グランプリ 高見 智津(たかみ ちづ)
関越地区〈新潟県〉
伊東 聖子(いとう せいこ)
九州地区〈鹿児島県〉

当日の模様

コンテストは、華々しい開会セレモニーからスタートしました。出場BA10名は、お客さまを相手に、20分間にわたる店頭接客のロールプレイングを実施。日々の店頭活動同様、お客さまの話に熱心に耳を傾け、スキンケアをメインとしたカウンセリングを行ないました。
審査の結果、グランプリの栄冠に輝いたのは首都圏地区〈東京都〉の百貨店に勤務する中村佳奈子(なかむら かなこ)です。出場したBAは、お客さまお一人おひとりが主役のカウンセリングの重要性を再認識し、生涯にわたる美肌パートナーへとまい進する決意を新たにしました。

なお同日、代表BA3名が、「花王ウェイ リコグニション」として、「ありがとうと言われた接客」のスピーチを行ないました。

■グランプリ受賞のことば
中村 佳奈子  首都圏地区〈東京都〉

大変うれしく思っています。支えてくださった方、応援してくださった方、ありがとうございました。この全国大会出場は、入社してからもっとも接客について考える時間となりました。
普段店頭では、お客さまとすごす時間、空間が楽しいものとなるよう親しみのある接客を心がけていますが、今日は、なによりもお客さまが笑顔になってくださることをめざして、カウンセリングを行ないました。お客さまが喜んでくださって、よかったです。
今後は、この経験を店頭で伝えていきたいと思います。

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-6745-3150

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

Page Top