Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

思わぬトラブルを避けるために、製品は、必ず小さなお子さまなどの手の届かないところに保管してください。

ハミガキ・洗口剤を誤って飲んだ・食べた時

歯みがきをしている時や、洗口剤を口に入れている時に少量飲んでしまった程度ならば、あまり心配はいりません。
すぐに口をすすいで、コップ1~2杯の水か牛乳を飲んでおきましょう。その後、気分が悪いようならば医師に相談してください。
多めに食べたり、飲んだりした場合、およびその可能性がある場合は、その製品を持ってすみやかに医師の診察を受けてください。

※お子さまが歯を磨く時に、うまく吐き出せず毎回飲み込んでしまうようならば、すすぎと吐き出しが上手にできるようになってからハミガキを使うことをおすすめします。

※多くのハミガキや洗口剤には甘味料が入っているので、小さいお子さまが口に入れてしまう可能性があります。お子さまの手が届かないところに置いてください。

この応急処置に関連するQ&A

Q、洗口剤や液体ハミガキにはアルコール入りの製品が多いけれど、誤って少量飲んだ場合もアルコールの影響が出るの?

A、花王の洗口剤や液体ハミガキの場合、アルコールが入っていても日本酒やワイン程度の量です。体質にもよりますが、少量の誤飲ならば影響は少ないと考えられます。

Q、こどもと大人では、飲んだ量による影響が違うの?

A、飲んだ量が同じであれば、身体が小さいお子さまのほうが影響が大きくなります。お子さまが誤って製品を飲んだ場合は、少量であっても様子をよく観察し、具合が悪ければすぐに医師に相談しましょう。

Q、牛乳を飲んではいけない場合は?

A、防虫剤や灯油、ベンジン、シンナーなどの石油製品を飲んだ場合は、牛乳を飲んではいけません。吸収が促進されます。

Q、今異常はありませんが、子供が製品を飲んだ量がわからず不安なのですが?

A、不安な場合は、製品を持参して医師に受診することをおすすめします。飲んだ量によってどのような症状が出るかを知りたい場合は、右上の欄の「お問い合せ先」にお電話ください。

各製品の安全性、応急処置方法は下記からお問い合わせください。

お問い合わせ

花王 消費者相談室
(9:00~17:00、土日祝日除く)

実際に急性中毒などの事故が起きた場合は、日本中毒情報センターの「中毒110番・電話サービス」でも、電話による情報提供が受けられます。(365日、24時間対応)

電話番号、利用条件などは、財団法人 日本中毒情報センターのホームページの「中毒110番・電話サービス 利用方法 一般向け」の項をごらんください。 

  • 製品カタログ 製品カタログ
    花王の製品カタログをご覧いただけます。
  • 製品Q&A 製品Q&A
    花王製品について、お客様からよくいただくご質問にお答えします。
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group