Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

思わぬトラブルを避けるために、製品は、必ず小さなお子さまなどの手の届かないところに保管してください。

注意表示に応急処置方法が書かれていない時

通常の使用では、誤飲・誤食、目に入るなどのトラブルの発生が考えにくい場合、あるいは、それらのトラブルが発生した場合に重い症状を起こすことがほとんどない場合は、応急処置方法の表示が記載されてない場合があります。

あわてずに、上の目次から該当する情報を探して、基本の応急処置を行ってください。
応急処置後も異常を感じたり、多量に飲食した場合などは、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

ご不明の点があれば、花王の消費者相談室にご連絡ください。 また、下記のホームページにも、さまざまな家庭用品の誤飲・誤食や、目に入った場合などの処置方法が掲載されています。

>財団法人 日本中毒情報センター
※「市民のための中毒の知識」「中毒情報ベース」など

各製品の安全性、応急処置方法は下記からお問い合わせください。

お問い合わせ

花王 消費者相談室
(9:00~17:00、土日祝日除く)

実際に急性中毒などの事故が起きた場合は、日本中毒情報センターの「中毒110番・電話サービス」でも、電話による情報提供が受けられます。(365日、24時間対応)

電話番号、利用条件などは、財団法人 日本中毒情報センターのホームページの「中毒110番・電話サービス 利用方法 一般向け」の項をごらんください。 

  • 製品カタログ 製品カタログ
    花王の製品カタログをご覧いただけます。
  • 製品Q&A 製品Q&A
    花王製品について、お客様からよくいただくご質問にお答えします。
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group