Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

思わぬトラブルを避けるために、製品は、必ず小さなお子さまなどの手の届かないところに保管してください。

ヘアカラーで染毛中に皮膚に異常が出たり、気分が悪くなった時

●皮膚に異常が出た場合

ヘアカラーで染毛中に、頭皮や顔、首など皮膚に赤みやかゆみ、刺激、はれ、ブツブツなどの症状が出た場合は、ヘアカラーでかぶれる体質に変わってしまったと考えられます。すぐにヘアカラーを洗い流し、皮膚に異常が残る場合は、使用したヘアカラーを持って皮膚科に通院しましょう。

●気分が悪くなった場合

すぐにヘアカラーを洗い流し、よく換気してください。めまい、息苦しさ、じんましんなどの症状が出ている場合は、すぐに使用したヘアカラーを持って医師の診察を受けてください。

※ヘアカラーで染毛すると、体質によってアレルギー反応をおこし、かぶれることがあります。過去に何回も異常なく染毛していた方でも、体質の変化によってかぶれるようになることがありますので、染毛の前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。

※ヘアカラーで染毛中に、かぶれやめまい、息苦しさ、じんましんなどの症状が一度でも出た後は、次にヘアカラーを使用すると、さらに重篤なアレルギー症状(全身じんましん、呼吸困難など)を引き起こす可能性があり、危険です。これらの症状を経験したことがある方は、 花王製品に限らず、ヘアカラーを絶対に使用しないでください。

重篤なアレルギー症状を起こさないために

  • ●染毛の前には必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を正しく行い、体質の変化がないか確認しましょう。
パッチテスト  
>ヘアカラーをする前には、なぜ毎回皮膚
アレルギー試験(パッチテスト)が必要なの?

  • ●パッチテストで、または染毛中に、赤み、かゆみ、刺激、はれ、ブツブツなどの皮膚の異常があれば、かぶれる体質に変化しています。一度でもパッチテストで異常が出たら、ヘアカラーの使用は絶対にやめましょう。
  • ●現在は異常なく染毛している方も、できるだけヘアカラーが肌につかないようにしてください。①つきそうな箇所には油性のクリームをぬる、②首にはタオルをまく、③手袋をつける、④肩や腕は汚れてもよい衣類などでカバーする、などの方法で肌をガードしましょう。

各製品の安全性、応急処置方法は下記からお問い合わせください。

お問い合わせ

花王 消費者相談室
(9:00~17:00、土日祝日除く)

実際に急性中毒などの事故が起きた場合は、日本中毒情報センターの「中毒110番・電話サービス」でも、電話による情報提供が受けられます。(365日、24時間対応)

電話番号、利用条件などは、財団法人 日本中毒情報センターのホームページの「中毒110番・電話サービス 利用方法 一般向け」の項をごらんください。 

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group