製品をつかう 環境に配慮した水性インクの開発 ~工業用製品分野での取り組み②~

製品をつかう 環境に配慮した水性インクの開発 ~工業用製品分野での取り組み②~

製品をつかう 環境に配慮した水性インクの開発 ~工業用製品分野での取り組み②~

水性インクジェット用顔料インク「LUNAJET」で、
エコで高品質なフィルム印刷を実現

花王は、独自の技術を活かして情報材料分野でさまざまな技術開発に取り組んできました。
このほど、食品などのプラスチックフィルム印刷において、
より環境にやさしく安全にお使いいただける高品質な水性インクジェット用顔料インク
「LUNAJET(ルナジェット)」を、世界に先駆けて開発しました。

独自の技術により、
インクジェット印刷に
革命を起こす


花王は、軟包装用(*1)フィルム基材への印刷に対して、揮発性有機化合物がほとんど排出されない設計で、作業環境への負荷と地球環境への負荷をともに低減した、高品質な水性インクジェット用顔料インクを、世界で初めて(*2)開発しました。
これまでのフィルムへの印刷は紫外線を使うインクが中心でしたが、臭いなどがあるため、食品などの包装には向いていませんでした。一方で、従来の水性インクは、紙への印刷はできるものの、フィルムには吸収されにくいため、乾燥に時間がかかり、インクが混ざってきれいに印刷できませんでした。
そこで花王は、独自の「顔料ナノ分散技術」により、インクに含まれる顔料の濃度を高くしたり、フィルムの表面にインクの一滴一滴が拡がるようにしたりすることで、少ない量のインクで、すばやい乾燥を可能に。これらの技術により、水性インクを用いたインクジェット印刷において、やわらかいフィルムなどの包装材料にも、きれいに印刷できるようにしました。

この水性インクジェット用顔料インクで食品パッケージ用フィルムへの印刷も可能に

環境にやさしく、
さまざまな印刷ニーズにも対応


インクジェット印刷は、印刷時に「版」をつくる必要がなく、少量でも低コストで印刷できるため、多様な印刷ニーズに柔軟に対応することができます。
また、この水性インクは、インクを吸収しにくい光沢のある紙にも、高速できれいな印刷をすることができます。加えて、このインクで印刷した紙をリサイクルする時も、インクを取り除きやすいので、省資源化にもつながります。こうした、これまでにない特長を持つこの技術の特許は、平成29年度全国発明表彰において、「発明賞」を受賞しています。
花王は、これからも、産業用印刷の分野でも、環境負荷低減に貢献する技術開発に取り組んでまいります。

光沢のある紙への高速印刷にも対応

(*1)軟包装:プラスチックフィルム、紙など柔軟性に富む基材から構成される包装
 
(*2)SAICM:「世界初のインク技術」について:
●インク技術:VOCレス設計で環境負荷を低減した水性インクジェット用顔料インク(ラインヘッド方式の印刷機対応)
●世界初に関する文献調査について:SciFinder(技術関連文献データベース)による検索、および北米・EU・中国・韓国に営業展開する主要装置メーカーパンフレットで検索し確認。
【検索条件】「ink」×「inkjet」×「film」にて検索(特許を除く)し、「VOCレス設計(揮発性有機化合物)で環境負荷を低減した水性インクジェット用顔料インク(※花王特許出願済み)」に関する該当文献なし(2016年2月20日現在、花王調べ)。
<SciFinderについて>
生物医学や物質科学関連分野の文献、物質情報を収録し、網羅的に文献・物質・反応情報を検索できる世界最大級の情報検索ツールで、研究開発の新規性を確認するために有用。


\こちらもCheck!/

コンセプトアニメーション

花王の「すべてがエコにつながるモノづくり」を、
1つのストーリーにしました。

Page Top