商品開発、生産、発売後の各段階での品質保証活動

お客さまのあらゆる実態を想定して総合的に評価・確認

商品開発段階

開発・商品化段階では、処方設計、包装容器設計、原材料選定等に関して、安全性、機能・性能、保存安定性、防腐・防黴性、法規適合性などを各部門で検討していきます。それとともに、消費者部門を含む関連部門が参画する各種検討会 (安全性検討会、防腐防黴検討会、容器検討会など) を設定し、お客さまが「知る」「選ぶ」「買う」「持ち帰る」「使う」「保管する」「廃棄」「詰め替える」といった、あらゆる段階での実態を想定しながら、消費者起点での総合的な評価・確認を行っています。さらに、種々の条件での実使用テストや消費者モニター評価を積み重ねた後、最終的に品質向上検討会で総合評価を行い、商品仕様を決定します。

生産段階

商品仕様が決定すると、生産技術開発を行いながら試作を繰り返した後、「ゼロバッチ」と名づけている実際の製造設備を用いた最終商品仕様での生産を行います。このゼロバッチで生産した商品については、研究開発部門や生産技術部門での品質確認はもちろん、消費者・顧客にとって本当に価値のある商品として完成しているかを、全ての関連部門が徹底的に評価・確認し、問題がないことが確認できれば、本生産を開始します。

発売後の品質向上活動

発売後は、消費者相談に寄せられるご指摘・問合せなどを全部門が日々花王エコーシステム (消費者相談情報システム) を活用しながら、品質向上活動を継続しています。

品質保証フロー

Page Top