Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ヘアカラーが肌について着色した時の詳しい落とし方を表示しました。

髪を染める時、ヘアカラーが肌につくと着色してしまうことがあります。そのため、着色しやすい箇所には水をはじくクリームをつけて肌に直接カラーリング剤がつかないようにする、皮膚についたらすぐにふきとる、などの注意表示を使用説明書に記載しています。しかし、誤って皮膚につけてしまった方から「洗ったがきれいに落ちない。このまま残ってしまうのではないか」と不安の声をいただいていました。

そこで、2009年秋、「ブローネ泡カラー」の使用説明書に、より効果的に着色を落とす方法を追加記載しました。「肌に着色が残るのではないか」との不安を解消していただくために、数日で落ちることをお伝えし、強くこすって肌を傷めないように注意をお願いしています。製品Q&Aサイトにも詳しい情報を掲載しました。

>ヘアカラーが肌について、洗っても色が残ってしまったのですが?

※ 製品画像は2010年6月15日時点のものです。
最新の画像はこちらからごらんいただけます。
>ブローネ泡カラー

生活者コミュニケーションセンターのご案内

生活者コミュニケーションセンターのご案内

詳しい情報を見る
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group