Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

応急処置SOS
製品が目に入った時

思わぬトラブルを避けるために、製品は、必ず小さなお子さまなどの手の届かないところに保管してください。

その他製品全般が目に入った時

製品の種類にかかわらず、製品が目に入ったら、必ずすぐに流水で充分に洗い流してください。目をこすると傷つきますので、こすらず、下図を参考にして静かに洗い流しましょう。
製品の注意表示に、洗い流す時間(15分以上など)が記載されている場合は、必ずそれに従ってください。

●眼科医の診察を受けるように表示に記載されている場合

洗眼後、必ず受診してください。目に痛みや異常を感じない場合でも、損傷を受けている場合があります。通院の際には、必ず製品を持参してください。

●洗眼後も目に異常(刺激、痛み、かすみ、異物感など)が残る場合

必ず製品を持参して眼科医の診察を受けてください。

上手な目の洗い方

●シャワーで洗う方法
シャワーで洗う方法
シャワーを上向きにして弱い水流で洗い流してください。指で液が入った方の目をなるべく大きく広げてまんべんなく洗ってください。
●水道で洗う方法
水道で洗う方法
少しずつ水を流しながら、手のひらに水をため、水中でまばたきしながら液が入った方の目をくりかえし洗い流してください。

 

自分で目を洗い流せない小さいお子さまの場合は、仰向けに寝かせて、保護者の方がお子さまのまぶたを開けて静かに水を注ぐ等の工夫をしましょう。むずかしい場合は無理をせず、急いで眼科医の診察を受けてください。

※目薬や洗眼液では充分に洗浄できません。流水で静かに洗い流してください。

※まぶたや顔にも製品の液や粉などが付着している場合は、目を洗う前に洗い流しておきましょう。

※すぐに洗眼することが大切なので、コンタクトレンズは無理にはずさず、そのままでまず静かに洗浄しましょう。その後、すぐはずせるならば、はずしてもう一度洗眼してください。むずかしい場合は無理をせず、すぐに眼科医の診察を受けてください。

[マジックリン]などのアルカリ性の洗浄剤や、ヘアカラーが目に入ると、目が損傷する場合があります。すぐに15分以上洗眼し、必ず眼科医の診察を受けてください。

多くの衣類・住まい・食器用の洗剤類、漂白剤、柔軟仕上げ剤も、15分以上洗眼および眼科医の診察が必要です。表示に従い、適切な処置を行ってください。(塩素系漂白剤・洗浄剤の場合はこちら

この応急処置に関連するQ&A

Q、洗い流す時は、弱い水流にしたほうがいいの?

A、勢いよく出した水で洗うと、目を開けた状態を保ちにくいので、洗浄不足になりがちです。また、目も傷めることがあります。目の中にきれいな水が絶えず静かに流れ込むように、きれいな流水でそっと洗い流しましょう。

Q、なぜ目薬や洗顔液を使わないほうがいいの?

A、内容量が少ないので、充分洗い流すことができないためです。

Q、応急処置の後、すぐに眼科に行けそうもないのですが?

A、受診が遅れると、症状が悪化することがあります。異常を感じなくても、目に入った製品の注意表示に「目に入った場合は必ず眼科医の診察を受ける」と書かれている場合は、放置すると症状が悪化し、重篤になる可能性があります。すぐに製品を持参して、眼科医に受診してください。

各製品の安全性、応急処置方法は下記からお問い合わせください。

お問い合わせ

花王 消費者相談室
(9:00~17:00、土日祝日除く)

実際に急性中毒などの事故が起きた場合は、日本中毒情報センターの「中毒110番・電話サービス」でも、電話による情報提供が受けられます。(365日、24時間対応)

電話番号、利用条件などは、財団法人 日本中毒情報センターのホームページの「中毒110番・電話サービス 利用方法 一般向け」の項をごらんください。 

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group