Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

子どもは黒い方が健康的に見えますが、紫外線対策は必要なの?

必要です。
2003年6月、環境省で「紫外線保健指導マニュアル」が作られ、幼稚園や保育所、小学校などでも紫外線対策をすすめるようになりました。

紫外線は、日焼けの原因になり、赤くなった後黒くなります。赤くなるのは皮膚の細胞遺伝子にたくさんの傷をつけ、その傷が治されないで残っているため、と考えられています。傷が残ったままで、細胞が分裂のために遺伝子を2倍に増やそうとすると、また傷のところに間違いが起きて、遺伝子の働きに変化が現れます。

このような間違いが一個の細胞遺伝子にいくつか起きると、がん細胞やシミの原因になるのです。子どもは大人に比べて細胞分裂がさかんなために、その影響を受けやすいのです。子どもの頃こそ充分な対策をしたいものです。

Check Share to Facebook Share to Twitter More...