Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

皮膚(肌)のバリア機能が低下するとどうなるの?

バリア機能が低下すると、汗や摩擦などの外部からの刺激で肌トラブルを起こしやすい状態となり、また、からだの内側から水分がどんどん逃げ、肌がカサカサと乾燥しがちになります。

たとえば、環境の変化に敏感な方、軽い刺激の影響を受けやすい方など、一般に言われる「敏感肌」もバリア機能が低下している一つの例です。ある特定のものにアレルギー反応を起こすような場合は別ですが、バリア機能が低下してきてよく見られるのが、十分に保湿できず肌が乾燥し、それと同時に刺激に敏感な状態を生み出してしまう「乾燥性敏感肌」の状態です。


Check Share to Facebook Share to Twitter More...