Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

「セラミド」はどんな機能をもつの?

【1. 角層の水分を保持する機能】
「セラミド」は脂質であるにもかかわらず、「水分子と結合する」という性質を持っています。
しかし「セラミド」が不足した状態の肌では、その水をつなぎとめることができず、肌の水分が少なくなって肌が乾燥しがちになるのです。

【2. 外部からの刺激をブロックするバリア機能】
「セラミド」は角質細胞の間で、水や油と結びつき、「水×セラミド×油×セラミド×水」といった形で交互に並んでいくサンドイッチ状の構造(ラメラ構造)を作るため、角質細胞間に水と脂の壁をしっかりと作ります。さらに「セラミド」は、角質細胞と角質細胞をセメントのように接着させる働きも持っていることなどから、バリア機能を発揮することができるのです。



Check Share to Facebook Share to Twitter More...