Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

潤っている肌とカサカサした肌は何が違うの?

みずみずしく潤った肌とカサカサした肌の違い。その一つには、潤いに重要な「セラミド」やアミノ酸などの状態があります。肌に刺激の強い洗浄などによって「セラミド」やアミノ酸が失われ、角層の水分が保持できずカサカサした肌になってしまうのです。

健康で正常な状態の場合、肌の水分量は角層で15~20%、角層より内部の表皮や真皮では60%~70%となります。角層は外部環境の影響を大きく受けるので、湿度が高ければ肌の水分量は増し、外気が乾燥すれば肌の水分量も減少します。
一般的には角層の水分量がおよそ10%を下回ると、肌がカサカサになって潤いがなくなってくるといわれています。



Check Share to Facebook Share to Twitter More...