Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

手荒れを防ぐ方法はありますか?

原因となる環境や刺激をなるべく避けるようにしましょう。

「手荒れの原因となる環境や刺激因子をなるべく避ける」「触れる頻度を減らす」という基本的なことが、手荒れを防ぐための第一歩。

水仕事をする時は、ゴム手袋を使用しましょう。水や洗剤と直接触れるのを防ぐことができます。敏感な肌の人は、ゴム手袋の下に綿の手袋をするのもおすすめです。

また、水仕事の後に限らず、手を洗った後など、水にぬれたらすぐに水分をふきとり、「セラミド」などの保湿成分が配合されているローションやクリームで潤いを補充し、弱くなったバリア機能を回復させ、手荒れから肌を守ってあげましょう。


Check Share to Facebook Share to Twitter More...