Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

冬に手荒れが起きやすいのはなぜ?

冬は気温が下がり、湿度も低くなっているので、肌も乾燥しやすく、肌表面で水分の蒸発を防ぐ、皮脂の分泌も少なくなります。
さらに、汗をかかないので肌表面に水分が補われません。
そのため、バリア機能が低下しがちで、「刺激を受けやすい=手荒れが起こりやすい」状態になってしまうのです。

Check Share to Facebook Share to Twitter More...