Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←乾燥性敏感肌ナビトップへ

肌がどうなると手荒れが起こるの?

肌の保湿成分が減少し、外的刺激によるダメージを受けやすい状態の時に起こります。

皮膚の保湿成分「セラミド」が減少すると、肌のもっとも外側の角層にある角質細胞同士の間にすきまが生まれ、そのすきまから肌内部の水分も逃げていきやすくなり、摩擦などの外的刺激も受けやすくなってしまいます。

このように、乾燥して敏感な状態の肌は、バリア機能が低下し、そこに刺激を与える生活環境が加わり、手荒れを起こしてしまうのです。

Check Share to Facebook Share to Twitter More...