Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←スキンケアナビトップへ

肌のうるおいをみる

肌を良いコンディションに保つには、肌の状態や、肌をとりまく環境に応じたお手入れが大切です。ここでは特に、肌のうるおいに関する事柄を見ていきましょう。うるおい不足は、次のようなところからもうかがい知ることができます。

□ 手のひらを肌にすべらせると、しっとりと吸いつくような感じではなく、「カサカサ」と音がする
□ 洗顔後に肌がつっぱる感じや、ほおに光沢がでる感じがする
□ 肌が白っぽく粉をふく
□ ファンデーションののりが悪いと感じる





上記のような実感があるときは、肌のうるおいが不足していると考えられます。
その他にも、唇がかわくとき、衣類が静電気を帯びるときなどは空気が乾燥しており、肌がカサつきがちな環境といえます。
こうしたときのお手入れでは、うるおい補給を入念に行いましょう。

「上手な保湿ケア」はこちら>


Check Share to Facebook Share to Twitter More...