参考資料: 2018年05月10日

  • お知らせ
  • サステナビリティ関連

「食とくらしのサステナブル・ライフスタイル研究会」(花王、味の素、イースクエア)が、夏休みに、川崎市と共同で体験型環境教育プログラムを実施

-2018年7月21日(土)、8月9日(木)、8月25日(土)の3日間-

花王株式会社と味の素株式会社、株式会社イースクエアの3者で活動している「食とくらしのサステナブル・ライフスタイル研究会」* (以下、研究会)は、川崎市と共同で、川崎市の小学生向けの環境教育プログラム『食とくらしがつくる地球の未来 みんなでいっしょに考えよう ~夏休みチャレンジ2018 ~』を実施いたします。

このプログラムは、研究会と川崎市が共同で開発し、毎年夏休み期間に実施しているもので、今年で3回目となります。川崎市の環境関連施設や、市内にある花王や味の素の工場見学、環境を題材にしたグループワークなど、3日間の体験型教育プログラムを通じて、環境問題と自分たちの生活とのつながりを、親子で一緒に考える内容になっています。

研究会と川崎市は、このプログラムを通じて、子どもたちが家族や地域と共に、身近な環境課題に気づき、毎日の自分の暮らしとのつながりを考えることで、「自分のライフスタイル」を見直し、未来の心豊かな暮らしの実現をめざしてもらいたいと考えています。

【昨年までのプログラムの様子】

川崎市の浮島処理センターの見学

お洗濯の実験でエコな洗剤の機能を体験

川崎工場で花王のエコな取り組みを学ぶ

* 食とくらしのサステナブル・ライフスタイル研究会について
日々の暮らしと深いかかわりのある、花王株式会社、味の素株式会社、株式会社イースクエア(CSR・環境コンサルティング)が2011年に設立。生活者の意識や実態の調査や研究、生活者と共に考える場の提供や情報発信を目的に立ち上げ、活動しています。
2016年から、花王、味の素の工場がある川崎市と連携して、今回のプログラムの開発・実施、および、地域のステークホルダーとの協働を進めています。

プログラムの実施概要

川崎市内にある花王、味の素の工場などを見学するとともに、川崎市の施設や地元の食材など、地域資源を活用した、体験型の3日間のプログラムを実施します。
・7月21日(土) エコなまち川崎市を知ろう<かわさきエコ暮らし未来館>
・8月9日(木) ワクワク工場探検<花王川崎工場、味の素川崎工場>
・8月25日(土) めざせ未来のエコリーダー<川崎市役所>

■対象者
川崎市在住または在学の小学5年生とその保護者(20組40名)

■参加費用
全3日間の参加で1組3,000円

■応募方法
応募用紙は、川崎市内の区役所で配布しているほか、下記ウェブサイトからもダウンロードできます。
●郵送の場合:応募用紙に必要事項を記入し、「このプログラムで楽しみにしていること」を書いた作文とともに、以下にご郵送ください。
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-17-10 ワタナベビル4階
NPO法人ビーグッドカフェ・夏休みチャレンジ係
●WEBの場合:下記WEBページ内「応募フォーム」へ入力し、応募用紙の「作文」部分の画像データを添付してください。
※プログラムの詳細と応募はこちら

■締め切り
2018年6月16日(土)(郵送の場合、当日消印有効)

※一昨年、昨年のプログラムの様子はこちらからご覧いただけます。

マスコミの方のお問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042

応募に関するお問い合わせ

特定非営利活動法人ビーグッドカフェ
夏休みチャレンジ係
(担当:たちかわ・かとう)

03-6413-8801
(平日10:00~18:00)
Page Top