• サステナビリティトピックス

2020年05月26日

日本化学工業協会のJIPS賞を4年連続で受賞

JIPS* 賞は、日本化学工業協会が化学品管理の自主活動「安全性要約書」の公開について、顕著な取り組みを行なった企業に対して、2017年から毎年授与しているものです。花王は、2019年には国内最多の18件を公開し、昨年に続き、最優秀賞であるJIPS大賞を2020年3月に受賞しました。大賞受賞は3度目になります。

  • * JIPS:Japan Initiative of Product Stewardship

「安全性要約書」は、自社で製造・販売する化学物質について、ヒトの健康や環境に対する安全性を評価し、正しく使用する方法などを簡潔にまとめたものです。製品が安全に製造・輸送・使用・消費そして廃棄されることによって、ヒトの健康や環境への悪影響が生じないことを目標として、産業界が自主的につくったルールで作成されています。

花王は、工業用製品から家庭用製品まで幅広く化学物質を取り扱っています。そこで、安全性科学研究所、品質保証部門、ケミカル事業部門が協働し、SAICM(化学物質管理に関する世界的な取り組み)推進活動の成果物として「安全性要約書」を作成し、これまでに、花王のウェブサイトや日本化学工業協会のウェブサイトで積極的に公開してきました。

化学物質は、正しく理解し適切に管理することで、私たちに心豊かな生活をもたらします。あらゆるステークホルダーの皆さまへ、安全性の情報や正しくお使いいただく方法をわかりやすく開示することは、花王が推進するESGの観点からも、とても大切な取り組みと考えます。
今後も安全で安心できる社会の実現に貢献することをめざして、本活動を継続してまいります。

4年連続で「JIPS賞」を受賞

安全性要約書の例

Page Top