化学物質のリスク管理とは

化学物質がヒトの健康や環境に好ましくない影響を与える可能性を「化学物質のリスク」といいます。化学物質のリスクの大きさは、化学物質の持つ有害性と、その化学物質にさらされる量(ばく露量)によって決まります。

化学物質へのばく露量を十分に小さくすることにより、有害性のある物質であってもヒトや環境に対する好ましくない影響を緩和することができます。従来は化学物質の持つ有害性に注目した管理が主流でしたが、現在ではヒトや環境へのばく露量も考慮したリスク管理が世界的に推進されています。

Page Top