発表資料: 2020年01月21日

  • ニュースリリース
  • サステナビリティ関連

花王、サステナビリティの観点で世界の企業を評価する
コーポレートナイツ社の「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World」に2年連続で選定

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、このたび、世界で最もサステナブルな企業100社を選ぶ、コーポレートナイツ社の「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World」(Global 100)に2年連続で選定されました。2020年に評価対象として選ばれた7,395社の中からトップ100に選ばれ、所属するパーソナルケア・クリーニングプロダクツ業界では、42社中第4位に選ばれています。

1月21日よりスイスのダボスで開催されている、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)にて発表された「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World」は、カナダのメディア・調査会社であるコーポレートナイツ社が開発した、サステナビリティの観点で世界の企業を評価する指標です。「Global 100」に選定された企業は、サステナビリティに関する活動において、世界で上位1.3%に相当することになります。評価は、環境、社会、ガバナンスの観点から設定された21の定量的なパフォーマンス指標の中から、業界に応じて使用する指標が決められ、公開情報をもとに行なわれます。花王は、環境に配慮した製品やサービスによる収益の高さに加えて、技術開発への投資、従業員の定着率などで高い評価を得て、評価対象に選定された7,395社の中からトップ100に選定されました。所属するパーソナルケア・クリーニングプロダクツ業界では、42社中第4位に選ばれています。

今回の「Global 100」選定にあたり、花王 執行役員 ESG部門統括のDave Muenz(デイブ・マンツ)は、「2年連続で選定されたことを大変喜ばしく思っています。これからも、社会課題に対応し、消費者の暮らしや社会で共感を得られる存在意義のある事業を、創造と革新に挑みながら行なっていきます。そして、消費者一人ひとりのよりサステナブルな暮らしを送りたいという思いや行動に応え、こころ豊かな『Kirei Lifestyle』(キレイライフスタイル)に貢献できるようにさらに取り組んでいきます」と語っています。

花王グループは、2019年4月にESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」(キレイライフスタイルプラン)を策定しました。経営にESGの視点を導入することで、事業の拡大と消費者や社会へのよりよい製品・サービスの提供をめざしていきます。そして、花王らしいESG活動をグローバルに展開し、世界の人々の喜びと満足のある豊かな生活文化を実現するとともに、社会のサステナビリティへの貢献に取り組んでまいります。

Page Top