参考資料: 2019年10月28日

  • お知らせ
  • 経営・財務関連

花王、「証券アナリストによるディスクロージャー優良企業選定」のトイレタリー・化粧品部門で第1位を受賞

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、このたび、公益社団法人日本証券アナリスト協会が実施する、2019年度「証券アナリストによるディスクロージャー優良企業選定」において、トイレタリー・化粧品部門で第1位に選定されました。トイレタリー・化粧品部門は、本年度より評価対象に追加された業種であり、その第1回目の受賞企業となりました。

授賞式に出席した、日本証券アナリスト協会
新芝 宏之会長(右)と花王 IR部長 渡部 満泰(左)。

日本証券アナリスト協会は、証券アナリストが企業のディスクロージャーの質、量、タイミング等の優劣を判断するための客観的な評価基準を策定しています。それをもとに、企業の情報開示の促進、向上を目的として、「証券アナリストによるディスクロージャー優良企業選定」制度を設け、1995年から毎年実施しています。2019年度は17業種、合計276社が対象となりました。

評価基準は、(1)経営陣のIR*1 姿勢、IR部門の機能、IRの基本スタンス、(2)説明会、インタビュー、説明資料等における開示、(3)フェア・ディスクロージャーへの取り組み、(4)コーポレート・ガバナンスに関連する情報の開示、(5)各業種の状況に即した自主的な情報開示の5つの分野からなっています。
花王が最も高く評価されたのは、経営陣が今後の経営方針等について投資家に有意義なメッセージを発信していることや、財務情報と非財務情報を統合し、中長期的な企業価値の向上につながる統合レポートを開示していること等です。また、上記(3)から(5)までの項目が総合的に高い評価を得て、今回の受賞となりました。

  • * 1 IR:Investor Relations、企業の投資家向け広報

花王は、2025年、2030年、そしてそれ以降も持続的な成長が可能となる基盤構築に向けて、花王グループの新たな挑戦としてESG(環境・社会・ガバナンス)経営に大きく舵を切っていきます。まずは、2019年4月22日に公表した、ESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」(キレイライフスタイルプラン)を具現化させ、その活動を本格始動させていきます。そして、投資家・アナリストを含めた多くの皆さまに花王の活動を理解いただけるよう、公平で積極的な情報開示を行ない、対話を深めてまいります。

Page Top