参考資料: 2019年03月28日

  • ニュースリリース
  • サステナビリティ関連

花王グループ協賛、東日本大震災復興支援「スマイルとうほくプロジェクト」

釜石市「#Thank You From KAMAISHI」を応援

花王グループは、2012年から協賛している「スマイルとうほくプロジェクト」を通じて、岩手県釜石市が中心となり復興支援への感謝の気持ちを世界に発信する活動「#Thank You From KAMAISHI」を応援しています。
3月24日には、「#Thank You From KAMAISHI」の一環として、三陸鉄道鵜住居駅の開業イベントが開催され、地元中学校の生徒がデザインするのを花王がお手伝いした“三陸鉄道ラッピング列車”や、“鵜住居駅待合室看板”などが披露されました。これは、東日本大震災以来8年ぶりに開通した三陸鉄道の開業に合わせ、釜石東中学校の全校生徒がデザインしたもので、「笑顔」と各国の言語で「ありがとう」を散りばめたデザインにより、これまでの復興支援への感謝の気持ちを表現しました。

花王グループでは、東日本大震災の復興支援として、“心のケア”と“自立的復興(産業復興)”を軸にしながら、花王独自の社会貢献プログラムやリソースを活用し、現地のニーズや課題に則した支援活動を行なっています。「スマイルとうほくプロジェクト」は、東北の新聞3社(福島民報社、河北新報社、岩手日報社)が主催する、被災地の方々に笑顔を広げ、日本に東北の元気を発信していく活動です。花王は、東北の未来に向けて、今後もこの活動を継続していきます。

開業イベント当日の様子(動画)

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

Page Top