発表資料: 2018年09月19日

  • ニュースリリース
  • サステナビリティ関連

花王、5年連続で「Dow Jones Sustainability World Index」に選定

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、このたび、世界の代表的な社会的責任投資(SRI)指標である「Dow Jones Sustainability World Index (DJSI World)」「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index (DJSI Asia Pacific)」の構成銘柄に5年連続で選定されました。

DJSIは、米国S&Pダウ・ジョーンズ社とスイスのロベコSAM社が開発した株式指標で、環境、社会、ガバナンス(ESG)といった重要な因子から企業活動を分析し、持続可能性(サステナビリティ)に優れた企業が選定されます。2018年度は、世界の大手企業約2,500社から319社、日本企業では花王を含む34社がDJSI Worldに選定されました。

花王は、ガバナンスを含む経済面では、品質保証、企業倫理などの取り組み、環境面では、環境報告やプロダクトスチュワードシップなどの取り組み、社会面では、社会的報告などの取り組みが高い評価を得ました。

花王グループは2017年度より、「自ら変わり、そして変化を先導する企業へ」をスローガンに掲げた、4カ年の中期経営計画「K20」をスタートさせています。その取り組みのひとつとして7月に新設したESG部門の統括Dave Muenz(デイブ マンツ)は、「これまでの花王のESG活動に対し、このような評価を受け大変喜ばしく思っています。事業の持続的な成長と社会の持続性のために、ESG活動に、これまで以上に積極的に取り組んでまいります」と語っています。

花王グループは、花王らしいESG活動をグローバルに展開し、世界の人々の喜びと満足のある豊かな生活文化を実現するとともに、社会のサステナビリティ(持続可能性)の貢献に取り組んでまいります。

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

Page Top