発表資料: 2018年09月13日

  • ニュースリリース
  • サステナビリティ関連

花王グループ、「ピンクリボンアドバイザーによるがん教育プロジェクト」への支援を開始

花王グループは、グループ各社*1 合同の社会貢献活動として、10月の「ピンクリボン月間」を含む、2018年10月1日から11月30日まで「花王グループ ピンクリボンキャンペーン2018」を実施します。それに伴い、認定NPO法人乳房健康研究会*2 が主催する「ピンクリボンアドバイザー*3 によるがん教育プロジェクト」への支援を開始します。


現在、日本人の2人に1人が、がんにかかるといわれています。そのため文部科学省は、小学校・中学校・高校における「がん教育」に取り組んでいます。がん教育では、がんや、がんと向き合う人々への正しい理解を通して、健康と命の大切さについて学び、共に生きる社会づくりに寄与する資質や能力の育成をめざしています。

今回花王グループは、中学校・高校で、がんを経験したピンクリボンアドバイザーが講師として授業を行なう、「ピンクリボンアドバイザーによるがん教育プロジェクト」(主催:認定NPO法人乳房健康研究会)への支援を開始します。授業では、ピンクリボンアドバイザーの前向きな姿や、自らの経験を踏まえたがんや乳がんについての正しい知識を伝えると共に、健康を考える意識の向上をめざします。また、授業を受けた生徒は「ジュニアピンクリボンアドバイザー」に認定され、家族や周囲への健康啓発の役割を担っていきます。花王グループは本支援を通して、子どもたちと家族の未来の健康へ貢献していきます。

そのほかにも、乳がんの早期発見の大切さを伝える活動を実施します。花王グループのカネボウ化粧品が展開するグローバルプレステージブランド「KANEBO」では、ピンクリボンキャンペーン期間中、「カネボウ スキン グロス オイル ウォーター」の国内での販売1個につき100円を、認定NPO法人乳房健康研究会へ寄付します。また海外では、中国・台湾・香港・タイ・シンガポール・フィリピン・マレーシア・ロシアのグループ会社において、セルフチェックの方法や乳がんに関する情報を、店頭やデジタルコミュニケーションを活用して伝えていきます。

花王グループは今後も、さまざまな活動を通じて、女性たちの美しく、健康な毎日が実現するよう応援してまいります。

<『花王グループ ピンクリボンキャンペーン2018』 特設ウェブサイト>(2018年10月1日オープン予定)

<認定NPO法人乳房健康研究会『ピンクリボンアドバイザーによるがん教育プロジェクト』>

  • * 1 花王株式会社、花王グループカスタマーマーケティング株式会社、株式会社カネボウ化粧品、海外子会社など
  • * 2 2000年に乳がんによる死亡率低下を願って発足した日本初の乳がん啓発団体
  • * 3 乳がんの検診受診や早期発見の大切さを伝える、乳房健康研究会による民間資格

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042
Page Top