発表資料: 2018年09月03日

  • ニュースリリース
  • 経営・財務関連

中国で『SOFINA iP 美活パワームース(土台美容液)』の販売を開始

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、2018年9月1日より中国で、『SOFINA iP(ソフィーナ iP)美活パワームース(土台美容液)』の販売を開始しました。
「SOFINA iP」は、花王グループ化粧品事業におけるグローバル戦略ブランド「G11」のひとつです。花王ならではの幅広い研究領域を背景に生まれた独自発想と技術を軸に、ブランド育成を進め、国内のみならずグローバルでの展開をさらに強化していきます。

取り組みの背景とねらい

「SOFINA iP(土台美容液)」は、2015年11月、花王ならではの幅広い研究領域を背景に誕生したスキンケアです。噴射剤に炭酸ガスを使用し、美容液を濃密でクリーミィな泡にする技術を採用。洗顔後のスキンケアのファーストステップに使用する美容液として、新たなカテゴリーを提案してきました。現在では、日本国内の美容液市場(美白除き)で売上No.1*1 となっています。2017年には台湾と香港、2018年春にはシンガポールでも販売を開始。各市場で、多くのお客さまにお使いいただき、またリピート率の高い商品として、ソフィーナの売上を増大させています。中国においてもソフィーナ独自のお手入れステップ(土台美容液と化粧水・乳液の3ステップ)を提案することで、新たなユーザーの獲得を図ってまいります。

  • * 1 インテージSRI調べ 美容液(美白除く)市場 2016年9月~2017年12月ブランド別累計販売金額・個数

◆発売する地域◆
中国

◆発売日◆
2018年9月1日

◆主な取り扱い店◆
百貨店、ドラッグストア、オンラインショップなど

【参考】
花王は、2018年5月に、グループの化粧品事業における新たな成長戦略の柱として、“新グローバルポートフォリオ”を策定しました。カネボウ化粧品、ソフィーナ、キュレル、エキップ、モルトンブラウンの5つの化粧品事業体から、グローバルで展開を強化する11の戦略ブランド「G11」を選定。花王グループならではの確かなエビデンスと五感に訴える感性美を融合させることで、ブランドの個性を磨き、日本を含むアジア・欧州での育成を加速していきます。

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7043

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

Page Top