発表資料: 2017年02月06日

  • ニュースリリース
  • サステナビリティ関連

花王、世界的な社会的責任投資インデックス「FTSE4Good」に10年連続で採用

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、このたび、社会的責任投資(SRI)の代表的な指標である「FTSE4Good Global Index」に、10年連続で採用されました。

「FTSE4Good Global Index」は、ロンドン証券取引所100%出資のFTSE Russell社が開発した指標で、「環境」「社会」、「ガバナンス」の観点から、基準を満たしている企業が選定されます。同指標は、SRI投資の判断基準として、企業の社会的責任や持続可能性に着目して投資活動を行なう世界の投資家によって、重要な判断基準のひとつとして幅広く活用されています。

今回、花王は多くの項目で最高評価を受けました。花王は、企業理念である「花王ウェイ」の「基本となる価値観」の中で、創業者が遺した「正道を歩む」という言葉を掲げています。2017年にスタートした「花王グループ中期経営計画 K20」においても、この言葉を重要な指針としています。また昨年には、グループ内の変化や、社会の要請を踏まえて、グループの企業行動規範「花王 ビジネス コンダクト ガイドライン」を改定し、役員・社員への浸透を図ってまいりました。環境面においては、2009年に発表した「環境宣言」以来、お客さま、ビジネスパートナー、社会とともに取り組む「いっしょにeco」をテーマにした活動を推進しています。

花王グループは今後も、“よきモノづくり”をグローバルな視点で実践していくことで、世界の人々の豊かな生活文化の実現と、社会のサステナビリティへの貢献に取り組んでまいります。

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

Page Top