Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

洗濯をくりかえすうちに、白いシャツやTシャツが黄ばんできた

事例

洗濯をくりかえすうちに、白いシャツやTシャツが黄ばんできた

原因

水道水の中の鉄分が多いと、洗濯によって鉄分が衣類に吸着し、酸化して黄ばんできます。井戸水や、水道工事の後、給水管が古くなっている場合の水道水は、鉄分が多い場合があります。

回復方法

白い衣類の場合は、還元型の漂白剤[ハイドロハイター]で回復できます。

①シミぬき濃度になるように、40℃のお湯に[ハイドロハイター]をよく溶かします。

②ワイシャツ全体を30分~1時間つけ置きます。

 

  • [ハイドロハイター]は、お湯の温度が下がると効果が少なくなります。つけ置きした容器にフタや覆いをするなど、なるべくお湯が冷めないように工夫しましょう。ただし、密閉しないようにご注意ください。
  • ③水ですすぎます。回復が不十分な時は、濃度を少し上げ、つけ置きの時間を長めにして、もう一度漂白してみましょう。

  • [ハイドロハイター]は白物専用の漂白剤です。ワンポイントや色柄のついた衣類には使えません。
  • ※色柄物の場合、残念ながら元には戻りません。

予防方法

蛇口から出てくる水に白いタオルを3分間ほど当てたとき、タオルが黄色くなるようなら、鉄分が多い水です。水道工事の後などで一時的に増えた場合は、この方法でチェックし、鉄分が減少してからお洗濯することをおすすめします。

おすすめ情報

関連するサイトのご紹介

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group