Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ブラウスを一晩つけ置き漂白したら、赤いテープの色が移ってしまった。

事例

ブラウスを[ワイドハイター]のシミ抜き濃度で一晩つけ置き漂白したら、赤いテープの色が生地に移ってしまった。

原因

長くつけ置きしたために、テープの染料が身頃の生地に移ってしまったものです。
素材にもよりますが、一般に染色した繊維素材は、水に長く漬けていると、色が落ちやすくなります。洗剤や漂白剤の溶液につけた場合は、さらに色落ちしやすくなります。

回復方法

染料は繊維に強く結びつくので、多くの場合、回復は困難です。
ぬるま湯に洗剤と酸素系漂白剤を入れて、洗濯を繰り返すと、生地に移った色が次第に落ちてくることもあります。

予防方法

  • ●つけ置き漂白する時は、必ず放置時間を守りましょう。
  • ●色のついたテープ、レース、刺繍などには、色落ちしやすいものもあります。あらかじめ目立たない箇所に原液をつけて5分ほど置いてから白布でたたき、色が移るかどうかを確認しましょう。色がついたものは漂白できません。
  • ●漂白後は、ぬれたまま放置せず、すぐにすすいで干してください。
  • お問い合わせ お問い合わせ
    花王生活コミュニケーションセンター
    のご案内
  • 製品カタログ 製品カタログ
    花王の製品カタログをご覧いただけます。
  • 製品Q&A 製品Q&A
    花王製品について、お客様からよくいただくご質問にお答えします。

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group