Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ヘアカラーやヘアマニキュアが、浴槽やシャワーのプラスチック部分について落ちない

事例

ヘアカラーやヘアマニキュアが、浴槽やシャワーのプラスチック部分について落ちない

回復方法

ヘアカラーやヘアマニキュアなどのヘアカラーリング剤は、液がついたらすぐに洗い流すか、ふきとらないと非常に落としにくい汚れになります。特にヘアマニキュアは落ちにくいので、つけないように充分ご注意ください。

液を洗い流しても色が残ってしまった場合は、[ホーミング]などのクリームクレンザーでやさしくこすりましょう。

  • ※材質によってはクレンザーが使用できませんので、表示をご確認ください。
  • ※FRPや人口大理石の浴槽は、強くこすらないでください。キズつくことがあります。

シャワーのプラスチック部分ならば[強力カビハイター]も使用できます。浴槽に[強力カビハイター]を使うと、変色することがあるので避けてください。
落とせない場合も多いので、無理をして材質を傷めないようにご注意ください。

※ヘアマニキュアについている専用リムーバーを使っても色を落とすことはできません。使うと材質を傷めることがありますので使用しないでください。

予防方法

ヘアカラーやヘアマニキュアを使用する時は、液がつかないように、周辺のものに覆いをするなど充分注意しましょう。
また、染毛後に髪を洗い流す時、液がついた手袋でシャワーヘッドなどをつかんで汚すこともありますので、その前に手袋の液も洗い流しておきましょう。

おすすめ情報

関連するサイトのご紹介

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group