Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

塩素系カビとり剤を浴室のタイルの壁にかけたら、黄色~赤茶色に変色した。

事例

浴室のタイルの壁に塩素系のカビとり剤[強力カビハイター]など)をスプレーしたら、壁が黄色や、赤茶色に変色し、浴室用洗剤で洗っても落ちない。

原因

水道水などの中に含まれている鉄分がタイルの表面に固着し、塩素系カビとり剤によって酸化して、黄色~赤茶色に変色したものと考えられます。
水道水や井戸水には、ケイ酸塩などの無機物が含まれており、浴室の床や壁、浴槽などに蓄積して、落ちにくい「水アカ」汚れになっていることがよくあります。水中の鉄分が多い場合、または一時的に水中の鉄分が増加した場合は、水アカとともに鉄分が多く蓄積し、このような変色の原因になることがあります。

※給水管が古くなっていたり、井戸水を使用している場合、水道工事の直後には、鉄分が多く含まれる水が出ることがあります。

水アカとは?

水道水に含まれるケイ酸塩などが、次第に蓄積したもので、放置すると落ちにくい汚れに変わります。そうなると、洗剤や漂白剤では除去が難しく、研磨剤を含むクレンザー類で物理的にこすり落とす必要があります。付いてそれほど時間がたっていない場合は、比較的簡単にこすり落とせます

回復方法

まず、[ホーミング]などのクレンザーで変色した箇所をていねいにこすってみてください。落としにくい場合は、硬めのスポンジにラップを巻いて、クレンザーをつけてこすると効果的です。

  • ※スポンジをラップでくるむのは、クレンザーの研磨粒子がスポンジに入り込んで、効果が弱まるのを防ぐためです。

それでも回復できない場合は、衣料用の還元系漂白剤[ハイドロハイター]で、酸化した鉄分を還元します。

  • [ハイドロハイター]は衣料用の還元系漂白剤です。本来の用途ではありませんのでご注意ください。
  • ※作業の前に、溶かした液を目立たない所につけて、材質に影響がないかどうか必ずご確認ください。
  • ※独特のにおいがありますので、換気を充分にしてください。
 

[ハイドロハイター]は温度が低いと効果が弱まるので、変色した部分にシャワーなどで熱い湯をかけて、あらかじめ温めておきます。

[ハイドロハイター]を熱めのお湯(60~70℃)に溶かし、濃いめの溶液をつくります。溶液にキッチンペーパーを浸して、変色した箇所に湿布し、さらにラップでおおいます。

③そのまま、20~30分放置します。熱を逃がさないようにラップの上から時々シャワー等でお湯をかけると効果的です。ラップが壁に密着しない場合は、まわりをテープで止めるなどの工夫をしてください。

④キッチンペーパーとラップを取り除き、湿布した箇所を水で充分すすぎます。


[ハイドロハイター]で還元が進むと黒くなる場合もあります。
少し黒くなった程度ならば、そのまま放置しておくと空気中の酸素で酸化されて、1週間程度で元に戻ります。
黒さが気になる場合は、液体の衣料用酸素系漂白剤の[ワイドハイター][ワイドハイターEXパワー]をキッチンペーパーにつけて、その部分に塗ります。変色がとれたら水で充分にすすぎましょう。

予防方法

  • ●カビ汚れ除去のために、[強力カビハイター]などの塩素系製品を使用した時の放置時間は30分までとし、それ以上液を付けたままにしないでください。
  • ●水中の微量成分の蓄積を防ぐために、日頃から、水がかかる箇所は浴室用洗剤でこまめにお手入れしましょう。
  • ●蛇口から出てくる水に白いタオルを3分間ほどあてた時、黄色くなるならば鉄分が多い水です。 この状態が長く続くようならば、浴室そうじの後の水気もふきとっておくことをおすすめします。

おすすめ情報

関連するサイトのご紹介

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group