Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

浴室用洗剤や塩素系カビとり剤を、浴室の床や壁などにかけたら、白く変色した。

事例

[バスマジックリン]などの浴室用洗剤や[強力カビハイター]などの塩素系カビとり剤を、浴室の床や壁などにかけたら、白く変色した。

原因

材質自体が白く変色することもまれにありますが、多くの場合は、石けんカスや皮脂などの汚れに混じって付着していた水アカ汚れが残り、白く見えるようになったものです。
この水アカ汚れは、浴室用洗剤やカビとり剤では落とすことができません。

  • ※濃い色の材質の場合、水アカが目立ちやすくなります。
  • ※凹凸のある材質の場合、水が凹部に残りやすいので、水アカがたまりやすい傾向があります。
水アカ

水道水に含まれるケイ酸塩などの無機物が、次第に蓄積したものです。軽い汚れのうちは比較的簡単にこすり落とすことができますが、落ちにくくなった場合はクレンザーなどでこすり落とす必要があります。

石けんカス

石けん成分や体から出る皮脂が、水道水に含まれるカルシウムなどの金属成分と結合してできる汚れです。蓄積すると落ちにくくなりますが、[バスマジックリン]などの浴室用洗剤で落とすことができます。

回復方法

[ホーミング]などのクレンザーでていねいにこすって、水アカを落としましょう。

● 凹凸のある材質の場合

ハブラシなどに[ホーミング]などのクレンザーをつけて凹の部分に入った汚れをていねいに落としてください。後は水でよくすすぎ、水気をふきとっておきましょう。

● 平滑な材質の場合

硬めのスポンジか布にラップを巻き、[ホーミング]などのクレンザーをつけて、汚れた箇所をこすります。

ラップを巻くのは、研磨粒子がスポンジや布の中に入りこんで、効果が弱まるのを防ぐためです。また、やわらかいスポンジよりも、硬めのスポンジを使うほうが研磨効果が上がります。

  • ※材質によっては、クレンザーが使用できない場合があります。製品の表示をご確認ください。
  • ※材質がFRPおよび人工大理石の場合は、強くこすりすぎないようにご注意ください。キズつくことがあります。

予防方法

  • ●水アカは、石けんカスなどの汚れと共に蓄積する場合が多いので、日頃から浴室用洗剤でこまめにお手入れすることが大切です。お手入れの後に水気をふきとっておくことも効果的です。

おすすめ情報

関連するサイトのご紹介

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group