Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←製品Q&Aトップへ

Q、エアゾールタイプの化粧品を旅行に持っていく時、航空機内に持ち込んでも大丈夫?

航空機内は、地上とほぼ同じ気圧や温度に保たれているため、エアゾール容器の中身が噴出したり、品質が劣化したりすることはありせん。

髪や顔・からだに使う液体状の化粧品(エアゾールを含む)を飛行機の客室内に持ちこむ場合、国内線の場合には、ご自身で使用する程度の量であれば、通常、手荷物として客室内に持ち込むことができます。
一方、国際線の場合、ならびに国内であっても外国の旅客機を利用する場合には、客室への持込に次のような制限があります。
液体物(エアゾールも含む)を客室内に持ち込む場合、1品あたりの容器の大きさが100mL以下で、同時に液体物総量を1L未満とし、全てを1L以下のサイズのチャックつき(ジッパー式)の透明無色のプラスチック袋1つにまとめて密封した状態で保管しなければなりません。
詳しくは、下記の機内持込制限に関する国土交通省の通達をご参照ください。
>国際線の航空機内への液体物持込制限の導入について
客室内への持ちこみでなく、貨物室への預け入れ荷物とする場合は、旅行期間中に使う程度の数量であれば、特に制限はありません。

ただし、国内線・国際線を問わず乗客の安全確保の目的で、状況によって航空機の客室内に持ち込める荷物が制限される場合があります。
ご利用の航空会社や旅行会社にあらかじめお問い合わせされることをおすすめします。

Check Share to Facebook Share to Twitter More...