Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←ヘアケア情報トップへ

髪の形状

くせ毛の内部はコルテックス細胞が偏って分布。

毛髪内部のコルテックス細胞には、少なくとも2つの種類があります。この2種類は細胞内部の構造や組成が異なり、硬さも少し違うことが知られています。断面で見た場合に、直毛ではこの2つの細胞が細かくモザイク状に分布、または同心円状に分布して偏りがないのに対し、くせ毛ではこれらの細胞が偏って分布しており、その偏りが大きいほど、くせが強いことがわかってきました。このような内部構造の偏りによって、髪の形状が曲がったりねじれたりするのです。

髪の形状には、毛根も大きく影響する。

くせ毛内部の構造の偏りは、毛根で髪がつくられるときからすでに生じています。また、直毛の毛根がまっすぐであるのに対し、くせ毛の毛根は曲がっていて、髪がつくられるときにすでに、ねじれたり、湾曲したりしているケースが確認されています。このようなことから、髪の形状は生えてから決まるのではなく、実は毛根ですでに決まっていると考えられています。

髪の形状は、一生変わらないのか?

人種によって、髪の形状はさまざま。日本人は直毛の多い民族ですが、もちろん個人差もあり、直毛とくせ毛が混じっている人も多く見られます。
髪質は遺伝の要素が大きく、両親が直毛だと、その子どもはかなり高い確率で直毛になります。しかし、髪の形状は一生変わらないというわけではありません。花王の研究によって、年齢とともに不規則にうねった毛髪が多くなることが明らかになりました。このうねり毛の増加が、エイジングにより髪のツヤやなめらかさが低下する原因のひとつになっています。

Check Share to Facebook Share to Twitter More...