Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←ヘアケア情報トップへ

地肌のしくみ

地肌も、肌としくみは同じ。

地肌も、体の他の部分の皮ふと、しくみは同じ。表皮の一番下の基底層では、たえず新しい細胞がつくられています。この細胞は形を変えながら徐々に表面に押し上げられ、約2~4週間程度で角層細胞となります。さらに約2週間程度で角片(目に見えないアカ)となって自然にはがれていきます。つまり、約4~6週間で、地肌は新しく生まれ変わっているわけです。
角層からはがれ落ちた角片が目に見える大きさになった状態が、いわゆるフケと呼ばれるものです。

地肌の皮脂腺数は、Tゾーンの2倍以上!

地肌は、体の中で皮脂腺や汗腺が多く、とても汚れやすい部分。皮脂腺は顔のTゾーンの2倍以上もあってもっとも多く、汗腺は手のひらや足の裏に次いで多くあります。シャンプーで皮脂などの汚れが十分に落としきれていないと、紅くなったり(紅斑)、かゆみやフケの原因ともなります。そのまま放っておくと、細菌が繁殖し、嫌なにおいを発生させます。

Check Share to Facebook Share to Twitter More...