Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←ヘアケア情報トップへ

ヘアサイクル

髪の寿命は、4~6年。

髪は、一定の期間を経ると自然に抜け落ちます。そして、抜け落ちたところから、また新しい髪が生えてきます。このくりかえしの周期を「ヘアサイクル」といって、およそ4~6年です。髪は1本1本ヘアサイクルが異なり、脱毛の時期がちがうため、通常は一度にまとめて抜けることはありません。

成長期1
髪が生まれる最初の段階。古い髪が毛根から離れると同時に、奥のほうでは毛乳頭の指令によって毛母細胞が分裂を開始し、新しい髪をつくり始めます。
成長期2
新しい髪が成長し、古い髪を押し出そうとしています。このころになると、古い髪は簡単に抜け落ちるように。シャンプーやブラッシングで抜けるのは、この時期の髪です。
成長期3
古い髪が抜け落ち、新しい髪が長く、太く成長する時期。髪は、成長期1~成長期3まで、毛母細胞が活発に働き、4~6年にわたって育ちつづけます。

※成長期(4~6年)の髪が頭髪全体にしめる割合は85~90%
退行期
毛母細胞の力が弱まり、髪が成長しなくなる段階。やがて毛母細胞から離れ、完全に成長をやめますが、この間は約2~3週間です。

※退行期(2~3週間)の髪が頭髪全体にしめる割合は約1%
休止期
成長が止まった髪はだんだん上のほうに上がっていき、今度は抜け落ちる準備を始めます。数カ月間はこの状態が続きますが、毛根の奥では、新しい髪をつくる準備をしており、再び成長期1へと続きます。

※休止期(数ヶ月)の髪が頭髪全体にしめる割合は10~15%

髪は、1カ月で約1.2センチ伸びる。

髪は、1日に0.3~0.5ミリ、1カ月で約1.2センチ、1年では約15センチも伸びます。髪の寿命は約5年なので、伸びる長さの限界は、計算上は約75センチ、だいたい腰のあたりまでです。2メートル以上伸びた記録などが残っていますが、これはかなりの例外といえるでしょう。

Check Share to Facebook Share to Twitter More...