Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←ヘアケア情報トップへ

髪の表面の補修

髪の表面を表面脂質MEAで補修。

美しく見える髪に欠かせないもうひとつの要素はキューティクルです。健康な髪のキューティクル各層の最表面には、「MEA(18-メチルエイコサン酸)」と呼ばれる脂質成分が存在し、髪の美しさや手触りのよさに重要な役割を果たしていることは、広く研究されてきました。
MEAは、最表面にあるために、ヘアカラーや紫外線、摩擦などで損なわれやすく、再生することはできません。しかも、ヘアケア製品にMEAを配合しただけでは、シャンプー直後の一時的な効果しか得られず、髪に定着させる技術はなかなか開発されませんでした。
花王は、いち早くMEAに着目し研究を続けた結果、特定の基剤と組み合わせることでキューティクル表面にMEAを定着させる技術を開発。広く製品に応用しています。

髪にMEAを定着させ続けることで、輝くツヤとなめらかな手触り、まとまりを実現。

この技術を用いると、MEAが損なわれた髪表面に再びMEAを定着させ続けることができるので、健康な髪のなめらかでパサつきのない手触りやまとまり感を持続させることができます。



さらに、毛流れがそろってまとまりやすくなり、ツヤもアップ。髪のからみやもつれなどが少なくなるので、傷みを防ぐことにもつながります。



Check Share to Facebook Share to Twitter More...