Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←ヘアケア情報トップへ

効果的な育毛の方法

育毛の方法には大きく分けて2つあり、それぞれ以下のメカニズムによります。
1.毛根にある毛母細胞の分裂を活性化する。
2.毛根にある毛母細胞の分裂のエネルギー源となる血行を促進させる。
具体的な方法としては、育毛剤を使用することが主流ですが、マッサージで血行を促進させることも効果的です。

育毛剤を使用する

医薬部外品の育毛剤には、この2つの効果を併せ持っている製品が多く見られます。
毛母細胞の分裂を促進するメカニズムは、育毛剤に配合されている有効成分によって様々です。血行促進効果のある成分としては、センブリエキス、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)などが代表的です。



育毛剤は、一日あたり1~2回、頭皮(地肌)に塗布してなじませるように使用するのが一般的です。シャンプー後の頭皮(地肌)が湿っているときは、育毛剤が頭皮(地肌)に浸透しやすいので、ぜひ使用しましょう。



髪の成長は1カ月に1cm程度なので、なかなか育毛剤の効果は実感できないものです。急激に髪が増えるということは、毛髪の成長のしくみからありえませんが、継続的に使い続けるうちに、次のような実感が得られてきます。これらは、育毛の効果と考えられます。
・髪の根元にハリが出る
・髪にコシが出る、髪に触れたときに手ごたえを感じる
・髪が硬くなる、強くなる
・髪型がつくりやすく、くずれにくくなる
・髪にボリューム感が出てくる
・分け目が目立ちにくくなる
・細い抜け毛が減る

マッサージで血行を促進

20代~60代の女性において、頭皮(地肌)の血行をよい状態に保つと、生えてきた髪のハリ・コシが高くなる傾向があります。また、薄毛の進行が認められる50代以上の女性においては、生えてきた髪が太くなる傾向もあります。
頭皮(地肌)の血行をよくするには、血行促進効果のある育毛剤などを使用する以外に、マッサージを行う方法もあります。頭皮(地肌)を揉みほぐしたり、叩いたり、強く押してから離したりすることによって、頭皮(地肌)の血行がよくなることがわかってきています。マッサージは、育毛剤を頭皮(地肌)になじませたあと以外にも、シャンプーを頭皮(地肌)に行き渡らせるとき、シャンプーを洗い流したあとなど、様々な場面や方法でおこなうことができ、そのための道具や化粧品なども提案されています。


Check Share to Facebook Share to Twitter More...