Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←ヘアケア情報トップへ

寝ぐせ直し

髪に形がつくのは乾く瞬間

髪に形がつくのは、湿った髪が乾く瞬間です。この性質を利用してスタイリングをしているのですが、寝ぐせがつくのもしくみは同じ。
シャンプー後、髪が完全に乾かない状態で寝てしまうと、乾いていない部分が寝ている間に乱れた状態で乾いてしまい、くせになってしまうのです。乾かしにくい根元や内側の髪に寝ぐせがつきやすいと思い当たりませんか?
寝ぐせを防ぐには、髪全体をしっかり乾かしてから寝ること。そうすれば、寝ぐせだけでなく、濡れていることで傷みやすくなっている髪の就寝中のダメージも防げます。

寝ぐせを直すには?

寝ぐせを直すポイントは、くせの気になる部分だけでなく、髪の根元をしっかり濡らして形を自由に変えられる状態にすることです。水分を毛髪内部まで十分に浸透させるために、濡らしてから5~10分程度放置してなじませましょう。その後、乾く間際に形を決めるようにしてしっかり乾かします。

髪の根元や内側にも水をつける
毛先だけハネているように見えても、髪の流れは「根元」から決まります。水分は、髪の表面や毛先だけでなく、直したい髪の根元や内側にも含ませるのがポイント。このとき、髪をにぎってもみこむようにすると、水分が浸透しやすくなります。

寝ぐせ直し用ウォーターやお湯を使う
乾いた髪が水をはじくことがあるのは、水の表面張力が大きいから。その点、寝ぐせ直し用ウォーターには水分浸透促進成分が配合されているので、髪にすばやく浸透します。お湯を使うのも効果的でしょう。

くせをつけ直して乾燥する
髪を湿らせたら、仕上げたい形でしっかり乾燥させましょう。

Check Share to Facebook Share to Twitter More...