Check Share to Facebook Share to Twitter More...

←ヘアケア情報トップへ

上手なスタイリングの手順

ヘアスタイルがくずれる悩みの多くは、スタイリング方法に原因が。

上手にスタイリングしてヘアスタイルを長持ちさせるには、ヘアスタイルがきまったときに、根元から毛先まで髪全体がしっかりと乾いていることが大切です。(『髪が形づくメカニズム』参照)。けれども多くの人は、根元を乾かすステップを抜かしがち。ヘアスタイルがくずれるのは、髪全体が乾いていないからです。

1.根元から乾かす。
2.乾く間際に形づける。
3.髪全体をしっかり乾かす。

この3つが、上手なスタイリングのコツ。ヘアスタイルがきまったら、後頭部の耳上あたりに指を通して、毛先まで髪全体が乾いたことを確認しましょう。

スタイリングの基本ステップ

おすすめの基本ステップをご紹介しましょう。スタイリングの基本ステップは、ベース・メイク、フォルム・メイク、フィニッシュ・メイクの3ステップ。特にベース・メイクは、スタイルの出来に大きな差が出る重要なステップです。



ステップ1【ベース・メイク】根元を乾かす
根元が濡れているうちに、ドライヤーの風を入れるように乾かし始めます。乾かす順序は後ろから前へ。バラバラの角度で倒れている根元の毛を起こし、方向をそろえながら乾かします。根元から髪の方向をそろえ、根元を浮かせることで、ふんわりと自然できれいなシルエットになります。



ステップ2【フォルム・メイク】毛髪を形づけ、流れを整える
ベース・メイクで根元を乾かした後、形をつくり、流れを整える目的でブローします。ヘアスタイルを形づけた後に冷風を当てて冷ましておくと、持ちがよくなります。

《ストレートスタイルの場合》
①髪を頭に巻きつけるように乾かします。
②髪の内側から指を入れて、円を描くように毛先に向かって指を通し、手の動きと一緒にドライヤーを当てていきます。ブラシを使う場合は、乾く間際に使うようにすると、髪を傷めず効果的に形がつけられます。
③襟足の髪に内側から手グシを入れ、毛先の流れを整えます。

《カール・ウェーブスタイルの場合》
①耳後ろの髪の根元を軽くねじって、ゆるやかなウェーブが出るように、後ろからドライヤーを当てて乾かします。
②毛先は毛束を持ち上げ、手の上でウェーブの大きさに丸めて弱風で乾かします。



ステップ3【フィニッシュ・メイク】髪全体のボリュームやシルエットを整える
ヘアスプレーやワックスなどを利用して、髪全体のボリュームやシルエットを整え、ヘアスタイルをキープします。次のようなテクニックを使ってスタイリングを仕上げましょう。

◆根元にスプレーしたあとふんわりと整える。

◆ワックスを薄く塗布して毛束感を出す。

◆髪の内側と外側、全体にも薄くスプレーして広がりを抑えたり、カールやウェーブをキープする。


Check Share to Facebook Share to Twitter More...