9 省エネライフを始めよう

私たちの生活に欠かせないエネルギー。このエネルギーを大切に使っていくためには、エネルギーを節約する「省エネ」が大切です。ここでは、暮らしの中でできることや日本の取り組みについて考えます。


家庭における用途別エネルギー消費の変化 <1973年度>30,266×10⁶J/世帯 冷房1.3% 暖房29.9% 給湯31.7% 厨房14.1% 動力 照明 他23.0% <2014年度>34,330×10⁶J/世帯 冷房2.0% 暖房22.9% 給湯27.8% 厨房9.1% 動力 照明 他38.1%

家庭における用途別エネルギー消費の変化 <1973年度>30,266×10⁶J/世帯 冷房1.3% 暖房29.9% 給湯31.7% 厨房14.1% 動力 照明 他23.0% <2014年度>34,330×10⁶J/世帯 冷房2.0% 暖房22.9% 給湯27.8% 厨房9.1% 動力 照明 他38.1%

家庭における用途別エネルギー消費の変化 <1973年度>30,266×10⁶J/世帯 冷房1.3% 暖房29.9% 給湯31.7% 厨房14.1% 動力 照明 他23.0% <2014年度>34,330×10⁶J/世帯 冷房2.0% 暖房22.9% 給湯27.8% 厨房9.1% 動力 照明 他38.1%

出典:資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ2016年冬版」をもとに花王で作成

※エネルギー量はエネルギー単位 ジュール(J)を使用。
円グラフ中央の数字が調査した年の世帯あたりの総エネルギー使用量の平均値となります。

家庭1世帯あたりの待機時消費電力量 228kWh/年 5.1% 家庭1世帯あたりの全消費電力 4,432kWh/年 機器使用による消費電力量 94.9%

出典:資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ2016年冬版」をもとに花王で作成


かぎりあるエネルギーを大切に使うため、みんなが省エネに取り組んでいることがわかったかな?毎日の生活の中で、気づいたことから省エネを始めることできる。みんなでアイデアを出し合えば、おもしろい発見があるかもしれないね。


\こちらもCheck!/

コンセプトアニメーション

花王の「すべてがエコにつながるモノづくり」を、
1つのストーリーにしました。

Page Top