エコの輪をひろげる 「企業の森」と「東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト」の活動 ~社員参加型の環境保全活動~

エコの輪をひろげる 「企業の森」と「東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト」の活動 ~社員参加型の環境保全活動~

エコの輪をひろげる 「企業の森」と「東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト」の活動 ~社員参加型の環境保全活動~

社員参加型のプログラムで、
豊かな自然を未来につなぐ

花王は、「企業の森」活動などを通じて、社員自らが積極的に環境保全に携わることで、
地域の豊かな自然の保護や育成に貢献したいと考えています。

地域の自然や
文化の理解にもつながる、
和歌山の「企業の森」活動


全国各地で、自治体と企業が手を携えて森林保全に取り組んでいる「企業の森」ですが、花王は、国内最大の生産拠点を持つ和歌山県で、2007年から「企業の森」活動に取り組んでいます。和歌山工場では、工場で利用する水の水源でもある紀ノ川の上流で、和歌山県が推進する「企業の森」事業に参画。2017年には、2007年からスタートした「花王の森 紀美野」に加え、「花王の森 おいし」も新たに加わりました。

除草や下草刈りをする社員と家族(花王の森 紀美野)

不要な雑木を伐採する社員(花王の森 おいし)

2007年当時、荒れていた山林0.7ヘクタールを無償で借り受けて、地元の森林組合の方などといっしょに、地元で生育するヤマザクラ、クヌギ、コナラなどの樹木、700本を植樹。毎年春と秋には、社員と社員の家族による、草取りや下草刈りなどの保全活動を行なってきました。そこから10年を経て、2017年には、“緑豊かな森”になりました。
この経験を元に、2017年にスタートした「花王の森 おいし」も、緑豊かな森となるよう、森林保全活動に取り組んでまいります。

被災地の生態系の調査研究に
協力し、
グリーン復興を応援


東日本大震災の被災地では、認定特定非営利活動法人アースウォッチ・ジャパンによる、津波で被害を受けた干潟や田んぼでの生物多様性の保全に関わる調査研究に、2013年から社員がボランティアとして参加。被災地の復興支援と生物多様性の保全活動を現地で体験することで、社員の意識の向上にもつながっています。

干潟での調査

田んぼでの調査


\こちらもCheck!/

コンセプトアニメーション

花王の「すべてがエコにつながるモノづくり」を、
1つのストーリーにしました。

アンケート

このサイトをご覧いただいた感想を
お聞かせください。

Page Top