• 社会貢献の取り組みトピックス

2018年05月11日

学校と連携した次世代育成につながる活動を推進 (2017年度活動報告)

花王は、子どもたちの「生きる力」の向上につながることを願い、事業にかかわりの深い分野で、社員が講師を務める出張授業を実施しています。
2017年度は、合計で39都道府県の139校・約1万名の児童・生徒の方に受講いただき、花王グループの社員、のべ約770名が参加しました。
また、出張授業に加えて、中学校および高校の家庭科向けに、学校の先生に授業でお使いいただける教材の提供も行なっています。
2017年度(2017年4月~2018年3月)の各講座の活動をご報告します。

各講座の活動トピックス

手洗い講座

  • 対象:小学校低学年
  • 講座内容:手洗い歌『あわあわ手あらいのうた』を活用した正しい手洗い法
  • 出張学校数:96校(2016年度は121校)
  • 参加児童数:6,841名(2016年度は7,040名)

手に汚れが残っていないか確認する子どもたち

手洗い講座「手あらいのたいせつさ」では、正しい手洗いの習慣を身につけることで子どもたちが感染症などにならず、きらきら輝く笑顔で、健康な毎日を送ってくれることを願って、手洗いの実習を盛り込んだ授業を実施しています。
2017年度は、社員が講師を務める出張授業に加え、楽しみながら正しい手洗いの方法が身につけられる『あわあわ手あらいのうた』を活用した教材を82校・施設に配布し、学校等と連携した手洗いの啓発活動も推進しました。

おそうじ講座

  • 対象:小学校低学年
  • 講座内容:食器洗い/お部屋の掃除のコツ、思いやりの気持ちの大切さ
  • 出張学校数:21校(2016年度は48校)
  • 参加児童数:1,627名(2016年度は3,617名)

おそうじ道具の使い方のコツを学ぶ子どもたち

おそうじ講座「お家のおしごと」は、生活科と連動した講座で、道具の使い方やおそうじのコツをお伝えするとともに、食器洗いとお部屋の掃除の実習を行なっています。講座では、家族における自分の役割を考え、周囲への感謝の気持ちを持つことの大切さもお伝えしています。
2017年度は、クイックルワイパー ハンディを用いた「ホコリ取り」と食卓クイックルによる「ふき掃除」を実習に取り入れました。子どもたちは、凸凹なところにあるホコリがクルクル回すだけで取れることに驚き、楽しそうに実習を体験していました。

環境講座

  • 対象:小学校高学年、中学生・高校生
  • 講座内容:節水になる洗たく方法、日々の生活での環境への配慮
  • 出張学校数:21校(2016年度は30校)
  • 参加児童数:2,109名(2016年度は2,775名)

中学校での授業風景

環境講座「未来をエコチャレンジ」では、企業が考える環境のことを考えたモノづくりについて、講義と実験を通じてわかりやすくお伝えしようとするもので、小学校6年生の家庭科の単元に対応した授業を中心に、中学や高校でも実施しています。
授業を実施した中学校では、生徒から「今日の授業で水の大切さがすごく分かるようになりました。僕たちが一日一回は使う水がこんなに貴重とは思いませんでした。」「授業はとてもわかりやすくて、実験も楽しく参加できました。これを機に積極的にエコにつながる行動をとっていきたいです。」という感想も寄せられ、花王の環境への取り組みを理解していただく機会にもなりました。

ユニバーサルデザイン(UD)講座

  • 対象:小学校4年生ほか
  • 講座内容:シャンプーボトルの「きざみ」を例に、身近な日用品の成り立ちを理解して、ユニバーサルデザインの意味を再認識する
  • 出張学校数:1校(2016年度は4校)
  • 参加児童数:15名(2016年度は306名)

シャンプーとリンスのボトルを比べる子どもたち

UD講座「人にやさしいモノづくり」では、一人ひとりがよりよい暮らしをつくろうという発想を持つことの大切さ、相手の気持ちになって考えることの大切さを学んでいただくことをめざし、シャンプーボトルの「きざみ」はなぜついているのか、など、身近な日用品を例に、モノづくりのプロからユニバーサルデザインの意味を伝えています。
また、この講座は、小学校4年生の国語の単元として取り入れることができる内容になっています。ユニバーサルデザインを題材に、「事実」と「意見」を明確にしながら事象を理解し、自分の考えを持ち、それを他者に伝えることができるようになることもめざしています。
2014年度から新たに開始した講座ですが、実施した小学校の児童たちからは、「ふだん、なにげなく使っているシャンプーに、こんなに意味の深いユニバーサルデザインがあったなんてすごいなぁと思いました。」「今まではシャンプーやリンスのことをあまり気にしてなかったけど、興味をもった。ぼくもこういう仕事をやってみたい。」といったうれしい感想が寄せられました。

中学校家庭科向け教材提供

2013年度から、中学校家庭科向け教材『環境のことを考えた快適なくらし』を授業にお使いいただける教材として提供しています。「衣服の手入れ(洗濯)」や「身近な消費生活と環境」の単元に合わせた内容で、環境に配慮した生活について、生徒自らが考え・実践していく力を身につけていただくことをめざしています。
2014年3月、公益財団法人消費者教育支援センター「第9回消費者教育教材資料表彰」(企業・業界団体対象)視聴覚資料部門で優秀賞を受賞しました。

高等学校家庭科向け教材提供

2017年度から、岡山県高等学校教育研究会 家庭部会 教科研究委員会の先生方と共同で高等学校向け教材『よりよい衣生活と環境の創造をめざして』を開発し、授業にお使いいただける教材として提供しています。この教材は、「衣生活の管理」と「消費生活と環境」の単元に合わせた教材です。生徒の学習状況に合わせながら被服や環境に適した洗濯について深く学ばせることや、グループワーク通じて生徒一人ひとりが環境に配慮した生活を主体的に考えることに役立ちます。

花王は、今後も、次世代育成につながる活動として、学校と連携した活動を推進してまいります。

Page Top