• 社会貢献の取り組みトピックス

2017年12月11日

「花王社会起業塾」オープンダイアログを開催

若手社会起業家と社員が一緒にこれからのよりよい未来を考える機会

10月27日(金)、すみだ事業場で「花王社会起業塾オープンダイアログ」を開催し、33名の社員が参加しました。
「花王社会起業塾」は、社会課題をビジネスの手法で解決しようとする若手社会起業家を育成・支援するプログラムで、2010年より実施しています。これまで「家族をとりまく課題」に取り組む社会起業家を支援していましたが、今年度からより発展的に「新しい生活文化をつくる」というテーマに取り組む社会起業家を支援することにいたしました。

当日は2部構成で、第1部では、今年度支援する起業家3名の事業紹介と昨年度支援した起業家2名の成果報告を行ないました。今年度は、第2部では起業家が5つのテーブルに分かれ、社員が興味のある起業家と共に、事業計画等について意見交換を行ないました。
参加した社員からは、「起業した熱い思いを直接伺うことができ、大変刺激になった」「起業家の活動を知り、改めて自分の仕事や花王の事業について社会貢献という立場で振り返る機会になった」などのさまざまな気づきがありました。また、社会起業家の方々からも「自分のテーマに興味関心を持って参加いただいている社員と交流できたことが、とてもうれしかった」「たくさんのアイデアの交換ができ、とても有意義だった。またこのような機会があれば参加したい」といったご感想をいただきました。これからも、社会課題の解決をめざす社会起業家と、社員の交流の機会をつくっていきたいと思います。

社会起業家(奥中央)の事業プランについて、社員と一緒に意見交換。

社会起業家(奥中央)の事業プランについて、社員と一緒に意見交換。

社員からのアイデアで埋め尽くされた紙を手に、社会起業家さんもにっこり。

社員からのアイデアで埋め尽くされた紙を手に、社会起業家さんもにっこり。

Page Top